森鴎外ゆかりの地を訪ねて(2)

森鴎外ゆかりの地を訪ねて(2)

根津2丁目の通りにて(4月7日) 森鴎外ゆかりの地を訪ねての「谷根千」駆け足散歩は、三浦坂を下って谷中から根津に入った。 言問通の古いせんべい屋さん(左)と、その先の路地にて。時間があったら、言問通の肉屋の好きなコロッケ…

平成中村座ベルリン公演 現地リポート

平成中村座ベルリン公演 現地リポート

5月14日から21日まで「世界文化の家」(Haus der Kulturen der Welt)で開催された平成中村座のベルリン公演は、大成功裡に幕を閉じた。「絶対に観る価値はある」(ターゲスシュピーゲル紙)、「見逃して…

ハノーファーの町田久美展を観て

ハノーファーの町田久美展を観て

先日ハノーファーに行った一番の目的は、ケストナーゲゼルシャフトという現代美術館で開催されていた町田久美展を観ることでした。今回カタログの独日翻訳をさせていただいたこともあり、ずっと観に行きたいと思っていた展覧会だったので…

ごちそうさま、ニッポン - メインディッシュ編 -

ごちそうさま、ニッポン - メインディッシュ編 –

日本滞在中はいつになく食べ物の話題が多かったように思いますが、実家からの最後の更新も食べ物の話で締めたいと思います^^。普段ベルリンでは、とにかく空腹を満たすために何かを食べるという生活になりがちですが、食という行為には…

日本へ!

日本へ!

火曜日の朝、自宅からU6に乗ってテーゲル空港に向かっている途中、先生に率いられたちびっ子の集団が乗り込んできて車内は急に賑やかになりました。集団下校なのか、社会科見学にでも行く途中なのかわかりませんが、ベルリンの地下鉄に…

中村勘三郎 ベルリンに来たる!

中村勘三郎 ベルリンに来たる!

歌舞伎俳優・中村勘三郎氏率いる平成中村座のベルリン公演が5月に行われるのに先立ち、2月28日(木)11時30分、公演会場となる「世界文化の家」(Haus der Kulturen der Welt)で勘三郎氏が会見した。…

「実録・連合赤軍」がベルリナーレで受賞

「実録・連合赤軍」がベルリナーレで受賞

ベルリナーレの受賞作品が決まりました(くわしくはこちらにて)。 前回の記事でご紹介した若松孝二監督の「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」が2つの賞を受賞したそうです。ほんの少しだけとはいえ、自分が今回直接関わった映画が…

「実録・連合赤軍―あさま山荘への道程」

「実録・連合赤軍―あさま山荘への道程」

若松孝二監督の最新作、「実録・連合赤軍―あさま山荘への道程」をツォー駅近くの映画館Delphiで観ました。実は当日になって仕事で関わることになり、急遽観に行くことになったのです。平日の昼間とはいえ、かなり大きな映画館の7…

松太郎と朝青龍

松太郎と朝青龍

小学6年生のとき、友達から借りて夢中になって読んだマンガがある。 ちばてつやの「のたり松太郎」。 80年代の当時は千代の富士の全盛期だった。その頃の私は野球よりも大相撲の方が好きなくらいで、見るだけでなく砂場などで実際に…

桜への郷愁

桜への郷愁

東京九段下にて(4月1日) 先日のメヒティルトさんへのインタビューの際、「ベルリンへの郷愁を感じるものは?」という私の最後の質問に対して、メヒティルトさんは「リンデン(菩提樹)の匂い」を挙げられたのが印象的でした。私だっ…

ベルリン-東京 Tokyo-Berlin

ベルリン-東京 Tokyo-Berlin

東京の街角より(2003年4月13日) 来月久々に日本に帰るにあたって、私が密かに楽しみにしていることの一つは、東京の街を歩くことである。 私は東京に住んだことはないが、実家は東京からそれほど遠くない場所にあるし(といっ…

途中下車

途中下車

列車から明石海峡大橋を望む(2003年4月18日) 昔の写真を整理していたら、3年前に日本に帰った時の懐かしい写真が出てきました。この時は12日間という慌しい中での滞在だったんですが、合間を縫って3日間ほど関西方面を旅し…

Foto der Woche

Foto der Woche

確か2001年頃からだったか、ベルリンの地下鉄の車内にモニターが取り付けられ、その日のニュースや広告などが流されるようになりました。その中で日本のニュースが扱われることはめったにないのですが、23日(月)の夕方、ついに出…

「夕凪の街 桜の国」(こうの史代)

昨日、実家から郵便物が送られて来た。外国生活が長くなると、わざわざ日本から物を送ってもらうということはめったにないのだが、今回はぜひ(それもできるだけ早く)読んでみたい本があったので、久々にお願いした。 こうの史代さんと…

Schrecken ohne Ende

8月6日 友達のパーティーに呼ばれて、家に戻ったのは1時過ぎ。ふと、日本は今何時だろうと見てみたら8時20分を回ったところです。「あっ」と思い出して、テレビをつけたらBBCで広島での記念式典の様子が流れていました。同時通…

Hiroshima

Hiroshima

あと3日で広島に原爆が投下されてから、丁度60年が経つ。このことはドイツでも相当の関心を持って受け止められているようだ。最新号のシュピーゲル誌では、ヒロシマの特集が組まれているし、先週は「はだしのゲン」のドイツ語新改訂版…