「壁の道」に沿って

初めてベルリンに来る方に「ベルリンでまず見てみたいものは?」と聞いてみると、いまだに少なくない確率で「ベルリンの壁」という答えが返ってくるような気がします。壁の崩壊から18年近くが経っても、「壁の街」というイメージは依然人々の心の中に深く沈殿しているのでしょうか。実際、約30年続いた分断時代は、 ベルリンの人々の生活や街並みに多大な影響を及ぼしたわけですが。
その壁はしかし、今ではもうほとんど残っていません。有名なイーストサイドギャラリーは良くも悪くもすっかり観光地化し、ポツダム広場の近くに比較的長く残る壁は無残にも削り取られてしまいました。それでも壁のあった時代の面影を求める方には、かつての壁に沿って歩いてみることをおすすめしたいと思います。
陸の孤島だった西ベルリンをぐるりと覆っていた「ベルリンの壁」は、実に全長160キロにも及びます。ベルリン市は2001年からその線に沿って遊歩道を整備するプロジェクトを進めてきたのですが、それがこの度完成しました。目印となるのは、全部で約600ある「Mauerweg(壁の道)」のプレートです(冒頭の写真)。また中心部には壁の跡が道路に刻まれていますし、重要な出来事が起こった場所やかつての検問所にはドイツ語と英語の両方で書かれた情報プレートが設置されています。壁の道に沿って歩くといろいろな発見があるものです。ポツダム広場には昔日の面影はもはや何も残っていませんが、東に向かって歩くとそのうち至る所に空き地が顔をのぞかすようになり、分断時代が残したものの大きさを実感できるでしょう。
この全長160キロの壁の道ですが、市内部分は43キロに過ぎず大半は郊外に属します。緑の豊かなベルリンですから、この道は格好のサイクリングコースでもあるわけです。ベルリン市のホームページ(www.berlin.de)には壁の道に沿った14のおすすめコースが空中写真と説明付きで紹介されているので、天気のいい日にそれを プリントアウトして出かけてみるのはどうでしょう。
私もこの夏、自転車に乗って160キロの道をたどってみようかと企んでいます。
ドイツニュースダイジェスト 6月15日)

sponsored link



LINEで送る
Pocket



4 Responses

  1. Kaorintan
    Kaorintan at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >中心部には壁の跡が道路に刻まれていますし
    統一後10年の際にベルリンを訪れました。その際に、この道路に刻まれているところ(プレート)を旧東西ドイツをまたいで撮影しました。
    やはり感慨深いものがありました。
    壁のあとを自転車で周るというのは楽しそうですね。是非実現させていください。

  2. まねき猫
    まねき猫 at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    マサトさん、こんにちは♪
    もう6年も前のことになってしまいますが、ベルリンの壁跡は懐かしく想い出されます。
    父の具合が安定していた時に、ドイツを旅しました。ゲシュタポ本部跡に残るベルリンの壁跡で撮った写真を年賀状にも載せました。
    歴史好きで自転車好きだったので、父が元気であれば、このエントリを興味深く読んでいたはずです。
    写真を整理していた時、「(『都の西北』の母校から)富士山を眺める」と古ぼけた写真が出てきました。
    自分のブログに載せたいと思いましたが、スキャナーか何かで読み取るのでしょうか?(マサトさんが様々な写真を掲載されているので教えていただけたらと思います)
    サイクリングのエントリを楽しみにしています。

  3. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >Kaorintanさん
    先日南の郊外から中心部を経てプレンツラウアーベルクに至る壁沿いのサイクリングが実現しました。距離にして15-20キロぐらいでしょうか。大変楽しい体験でした。そのうちご紹介します。

  4. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >まねき猫さん
    壁沿いのサイクリングはこの夏実現したいと思います。歴史と自転車が好きというお父様にも見ていただけたらとてもうれしいのですが。

    >スキャナーか何かで読み取るのでしょうか?
    スキャナーがあればベストですが、私は持っていないのでメヒティルトさんからお借りした写真などは写真の上からそのままデジカメで撮影しました。7.1メガのカメラなので、それなりに明瞭に撮れます。

Comment

CAPTCHA