特選ベルリン街灯図鑑(3) 「モルトケ橋」

中央駅、首相官邸など、近未来的な建築が並ぶ政府地区で、異彩を放つ古い橋がある。普仏戦争の英雄といわれたモルトケの名前を冠したモルトケ橋(Moltkebrücke)だ。この街灯の装飾は戦争をモチーフにしたものと思われるが、その重厚さは19世紀ならではの遺産といえる。
ガラス張りの中央駅とのコントラストが印象的。この街灯は青空よりも、こういう空の色でこそ映える気がする。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



6 Responses

  1. Ken
    Ken at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    そうか、街灯って橋についてるのもありますね。
    1枚目の写真がきれいです。

  2. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >Kenさん
    ありがとうございます。この写真は去年の8月に撮ったものなのですが、夏とは思えない空の色ですよね。

  3. grappa-tei
    grappa-tei at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    モルトケって、日本陸軍とかかわりの深かった人でしょ?

  4. Til
    Til at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >この街灯は青空よりも、こういう空の色でこそ映える気がする。
    うん。なんかわかる気がします。

  5. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >grappa-teiさん
    そうなんですか。なんと90歳まで生きた人だったのですね。

  6. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >Tilさん
    光と影の世界といえるかもしれませんね。

Comment

CAPTCHA