「ベルリン パノラマ写真展 1949-1952」

「ベルリン パノラマ写真展 1949-1952」

Pariser Platz, 1951, Aufgenommen vom Fotografen Fritz Tiedemann, rekonstruiert von Arwed Messmer 2008, 1,25 x …

映画「ベルリン・フィル 最高のハーモニーを求めて」

映画「ベルリン・フィル 最高のハーモニーを求めて」

ベルリン・フィルのメンバーが今週韓国から日本入りしたそうだ。いよいよ明日から始まる3年ぶりの来日公演は、今クラシック音楽ファンの間で大きな話題になっているのではないだろうか。とはいえ、日本でベルリン・フィルを幸運にも生で…

「4つのベルリン」展

「4つのベルリン」展

先週の月曜日、ブランデンブルク門の真横Haus der Commerzbankにて行われる「4つのベルリン」展のオープニングに足を運んで来た。今月はEuropäischer Monat der Fotografieという…

映画「帝国オーケストラ」ディレクターズカット版を観て

映画「帝国オーケストラ」ディレクターズカット版を観て

今月のベルリン・フィル来日に合わせて、関連の新作映画が2本上映される。そのうちの1本、「帝国オーケストラ」(原題:Reichsorchester)を最近観る機会があった。 これは「第三帝国下のベルリン・フィル」というテー…

エフゲニー・ハルデイ展 - 「帝国議会の赤旗」の写真家 -

エフゲニー・ハルデイ展 – 「帝国議会の赤旗」の写真家 –

1945年5月初頭、ベルリンの帝国議会に掲げられるソ連の赤旗の写真。20世紀を象徴する1枚といって過言ではない、この写真を見たことがない人はあまりいないだろう。一方で、この写真を撮った人物の名前を知っている人は、果たして…

映画「ベルリン―5月1日」

映画「ベルリン―5月1日」

先週の土曜日、プレンツラウアーベルクのColosseumという映画館で「ベルリン―5月1日」という作品を観ました。今年のベルリナーレはドキュメンタリーが多いので、タイトルからしてこれもそのうちの1本かなと思いましたが、そ…

映画「エーミールと探偵たち」(1931)

映画「エーミールと探偵たち」(1931)

しばらく前にドイツのアマゾンで購入した映画「エーミールと探偵たち」のDVDを観ました。原作はエーリヒ・ケストナーの数ある児童文学作品の中でも一番よく知られ、日本語訳で読んだことのある方も多いと思うので、ストーリーの説明は…

「ベルリン 大都市交響楽」(1927)

「ベルリン 大都市交響楽」(1927)

近所の図書館(AGB)で戦前のベルリンの古いドキュメンタリー映画を借りて観た。原題は”Berlin: Die Sinfonie der Großstadt”だから、 「ベルリン 大都市交響楽」とで…

ビリー・ワイルダーの「ワン・ツー・スリー」(1961)

ビリー・ワイルダーの「ワン・ツー・スリー」(1961)

先々週の日曜日、前から観たいと思っていたビリー・ワイルダー監督の「ワン・ツー・スリー」という映画をシュテーグリッツのAdriaという古い映画館で観る機会があった。ベルリンに縁の深いワイルダー監督による、壁ができる直前のベ…

「善き人のためのソナタ」(2006)

「善き人のためのソナタ」(2006)

カール・マルクス大通りにあるカール・マルクス書店(2005年9月) 今週は風邪を引いてしまい、ここ数日間は比較的に安静にしていました。ちょっと暖かくなったからと自転車で街に繰り出してしまったのがいけなかったのかもしれませ…

ベルリン発 某国行き

ベルリン発 某国行き

Berliner Zeitung(2006年10月21日の紙面より) しばらく前の話になるが、ある日新聞の文芸欄を見ていたら1枚の写真が私の目に留まった。それがベルリンの地下鉄だということは、内装から一目でわかった。だが…

「ベルリン・シャミッソー広場」(1980)を観る 

「ベルリン・シャミッソー広場」(1980)を観る 

今年に入ってからずっと観たいと思っていた映画をついに昨夜観ることができた。ルドルフ・トーメ(Rudolf Thome)監督の「ベルリン・シャミッソー広場」(1980年)である。 ソニーセンター内にあるKino Arsen…

"Sommer vorm Balkon" (2005)

"Sommer vorm Balkon" (2005)

「ベルリンを観る」の第2回目は、舞台が戦前から一気に現代へと飛ぶ。Andreas Dresen監督の最新作で、現在上映中の”Sommer vorm Balkon“である。1月6日の封切から早くも5…