BZ Lexikon(49) 「彗星」

NASA(アメリカ航空宇宙局)の宇宙探査機が、史上初めて彗星のちりを地球に持ち帰ることに成功しました。彗星は46億年前の太陽系初期の物質をちりやガスの形で含んでいるため、その当時の状況を解明することが期待されているとのこと。なんだか壮大な話です。1月16日の紙面より。
Lexikon: Kometen(彗星)
Kometen gehören zu den kleinsten Objekten im Sonnensystem. Sie bestehen aus einer Mischung von Eis, Staub und Gestein – nun erstmals eingefangen von der US-Raumsonde “Stardust”. Das Eis enthält nicht nur gefrorenes Wasser, sondern auch Kohlendioxid, Methan und Ammoniak. Viele Kometen bewegen sich auf ellipsenförmigen Bahnen: Sie tauchen aus den Randbezirken des Sonnensystems auf und kommen der Sonne sehr nahe, wobei der oft spektakuläre Schweif entsteht. Kometen enthalten Material aus der Frühzeit des Sonnensystems.
(メモ)
das Gestein: 岩石、岩
einfangen: (写真・画面などに)とらえる
das Ammoniak: アンモニア
die Ellipse: 楕円、長円
der Schweif: (彗星の)尾、(馬などの)尾
訳)彗星は太陽系の中で最小の物体である。彗星が氷と塵(ちり)、岩石の混合から成るということが、アメリカの宇宙探査機スターダストによって初めてとらえられた。彗星の氷は凍った水分だけでなく、二酸化炭素、メタン、アンモニアも含んでいる。多くの彗星は楕円形の軌道の上を動いている。すなわち、彗星は地球の周辺地域から現れ、太陽に非常に接近するが、その際スペクタクルな尾が発生することが多い。彗星は太陽系初期の物質を含んでいる。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



Comment

CAPTCHA