BZ Lexikon(64) 「アシュラ祭」

今日からベルリン国際映画祭が始まりました。映画祭の話も近々できたらと思っています。2月9日の紙面より。
Lexikon: Aschura-Fest(アシュラ祭)
Das Aschura-Fest bezeichnet das jährliche, zehn Tage dauernde, schiitische Trauer- und Bußritual um Hussein, den Enkel des Propheten Mohammed. Er war am 10. Tag des islamischen Monats Muharram in der Schlacht von Kerbela vor rund 1 300 Jahren im heutigen Irak getötet worden. Dort am Mausoleum Husseins werden heute zwei Millionen Gläubige erwartet. Sie gedenken seines Todes mit Trauerprozessionen und Selbstgeißelungen, bei denen sich manche Gläubige schlagen.
(メモ)
das Mausoleum: (王侯などの)墓所、霊廟。《小アジアのMausolos王にちなむ》
die Prozession: (祝祭の)行列。
訳)アシュラ祭とは、毎年10日間にわたって行われる、預言者ムハンマドの子孫フサインを哀悼し贖罪するシーア派の儀式である。フサインは約1300年前、今日のイラクでイスラム暦のムハッラム月10日にカルバラーの戦いで殺害された。今日、その地にあるフサインの霊廟に、200万人の信者が見込まれている。信者は悲しみの行列や、少なからざる数の人が自らを殴るという、自己への鞭打ちによって、フサインの死を偲ぶ。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



Comment

CAPTCHA