天使の降りた場所(9) – 戦前のポツダム広場を歩く –

Haus Vaterland(戦前の絵葉書より)
前回から大分空いてしまいましたが(前回の記事はこちら)、ポツダム広場の話を続けましょう。今回は戦前のベルリンの雰囲気を出すためにBGMを用意しました(笑)。Ute Lemperの歌うUte Lemper Sings Kurt Weillなんていかがでしょう。Amazonの視聴なので、各曲1分ずつしか聴けませんが、これがなかなかいいです。三文オペラの「メッキーメッサーの歌(Die Moritat Von Mackie Messer)」は、どなたも一度は耳にしたことがあるのでは。
さて、戦前のポツダム広場といって私が真っ先に思い浮かぶ建物は、冒頭のHaus Vaterland(「父なる国の家」)だ。以前、戦前のベルリンの記録映画を見た時にこのHaus Vaterlandの夜の映像が映し出されたのだが、丸みを帯びた印象的な建築ときらめくネオンに目を奪われた。Haus Vaterlandは1920~30年代のポツダム広場の栄華を象徴する建物の一つで、当時ドイツ最大級の公共レジャー施設だった。この中にビアレストラン、カフェ、バー、映画館、チャールダッシュのショー劇場などがひしめいており、年間100万人もが訪れたという。
「ベルリン天使の詩」で、ホメロスが「ここにカフェ・ヨスティがあったのに・・」と言いながらさまようシーンがある。”Café Josty”とはポツダム広場のど真ん中にあった伝説的なカフェのことで、多くの芸術家が集う場所として知られていた。その中にはハイネ、フォンターヌ、グリム兄弟などの名前もある。この絵は画家Paul Hoeningerが描いた「Café Jostyにて(1890年)」。
1929年の夏、エーリヒ・ケストナーはあの「エーミールと探偵たち」をこのカフェのテラスに腰掛けて書いたという。「エーミールと探偵たち」には、カフェ・ヨスティでのシーンも出てくる。私の手元に本がないので今ここでは確認できないが、エーミールから金を盗んだグルントアイス氏はこのカフェのテラスで朝食を取るのだそうだ。
(後記:ケストナーが『エーミールと探偵たち』を書いたのはここではなく、Bundesalleeにあったもう1つのカフェ・ヨスティだった)
カフェ・ヨスティはその直後の1930年、「黄金の20年代」の終わりとともに店を閉じることになる。
これも戦前の絵葉書より。この写真がカフェ・ヨスティから撮影されたものなのかどうか、今ひとつはっきりしない。もし違うとしても、カフェ・ヨスティからこのような風景が望めたのは大きく間違ってはいないだろう。正面にHaus Vaterlandが見える。左端の建物はHotel Fürstenhofで、ポツダム広場周辺には他にも名だたる高級ホテルが並んでいた。タイムマシンがあったら、私ならこのカフェでお茶してみたい^^;)
カフェ・ヨスティは実はいまも、ある。戦前の場所からそれほど離れていない、現在のソニーセンター内にあるレストラン兼カフェだ。受け継いでいるのはおそらく名前だけだと思われるが、店の中には戦前のカフェ・ヨスティの写真が壁に掲げられていて、いくらかなりともその雰囲気に触れることができる。
(つづく)

sponsored link



LINEで送る
Pocket



4 Responses

  1. Aya
    Aya at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    素敵な記事をありがとうございます(音楽まで!)。
    ひととき、華やかなベルリンの20年代にタイムスリップしてきました。

    ベルリンの芸術家にとって、カフェはそれ自体が歴史だったのですね。
    この現代版「Josty」は知っていましたが、それが過去に存在していたとは知りませんでした。「Cafe Kranzler」同様、過去の面影や栄華を取り戻すことができなくても、通りすがりの観光客がその名をまったく知らなくても、名前を後世に残していこうするベルリンの街がもつパワーにはいつも心がうたれます

    おかげさまで、現代版「Josty」のモダンなインテリアのなかで、Paul Hoeningerの絵を思い出しながらカフェを堪能する楽しみができました。「ベルリンの天使」が戻ってきたら「ここに名前はちゃんと残ってますよ」といってあげたいですね。

  2. MOTZ
    MOTZ at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    蚤の市で古い絵葉書のお店は素通りしていましたが
    こういった歴史をわかっていると1枚の絵葉書(写真)に凄い
    価値を見い出す事が出来ますね。

    なるほど、こんな立派な建物、思い出のカフェがある
    頃を知っていたら、あの「野っ原」はあまりにも
    痛々しい光景ですね。

    一番上の写真、Uバーンの看板が今とあまり変わってないですね。

  3. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >Ayaさん
    こちらこそ素敵なコメントをありがとうございます^^;)
    この記事を書いてよかったなあと思いました。

    僕は「受け継いでいるのは名前だけ」と書きましたが、名前を受け継ぐだけでも確かにすごいことですよね。現代版「Josty」、よかったらAyaさんのカフェガイドでもいつか取り上げてください。

  4. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >MOTZさん
    MOTZさんは、私が「天使が降りた場所」を書くたびにコメントをくださいますね。ありがとうございます。
    >1枚の絵葉書(写真)に凄い価値を見い出す事が出来ますね。
    そうですね。昔の写真や絵葉書を見るのは楽しいですね。ベルリンの戦前の写真集もいろいろ集めたいのですが、やはりそれなりに値が張るので、おいそれとは買えませんけれど。

    >Uバーンの看板が今とあまり変わってないですね。
    おそらく全く変わっていないと思います。次回登場するSバーンの看板もです。

Comment

CAPTCHA