レトロバスに乗って孔雀島へ

新緑の美しい初夏の季節、広大な森が広がるベルリンの郊外に出てみるというのはいかがでしょうか。今回は、ベルリン最大級の湖ヴァンゼー(Wannsee)に浮かぶ孔雀島(Pfaueninsel)へのコースをご紹介したいと思います。
ヴァンゼーへ向かう交通手段はいくつか考えられますが、中でも地下鉄U2のTheodor-Heuss-Platzから孔雀島直行の218番バスがおすすめです。平日は1時間毎、週末は30分毎に出ており、さらに2時間に1本、ベルリンのオールドバス愛好会が所有する1970年代の2階建バスが走っているのがこの路線の特色で(公共バスの通常運賃で乗車可)、ちょっとしたレトロ気分も味わえるでしょう。
バスはしばらく西へまっすぐ走りますが、やがて左折すると、広大なグリューネヴァルトの森の中を駆け抜けます。車窓はまさに緑一色!右手にはハーフェル川が顔を覗かせます。ヴァンゼーの駅を過ぎるとバスは再び森の中に入り、抜け出たところが終点の孔雀島前です。所要時間は約50分で、まるで別世界に来たかのようなのどかな光景が広がっています。
渡し舟(5~8月は毎日運行。往復2ユーロ)に乗って孔雀島へ渡ってみましょう。フリードリヒ・ヴィルヘルム3世(在位:1797-1840年)の時代に、宮廷庭師によって現在の形に整えられた孔雀島は、「ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群」の総称で世界遺産にも登録されています。全長1.5キロほどの島なので、ハイキングコースとしてはほどよい規模。18世紀末、フリードリヒ・ヴィルヘルム2世が愛人のために建てさせたという廃墟調のお城もユニークですが、島の由来である、放し飼いにされている孔雀がやはり大きな見ものです。堂々たる羽や鮮やかなブルーの羽毛、独特の鳴き声など、忘れがたい印象を残してくれました。
再びバスでヴァンゼーの駅前に戻ってからは、やはりBVG(ベルリン交通局)の料金で利用できるF10番の船で、対岸のクラドウ(Kladow)に抜けるコースも素敵です。湖沿いのレストランでくつろいだ後、X34番のバスに乗れば、ベルリンのツォー駅まで乗り換えなしで帰ることができます。
ドイツニュースダイジェスト 6月27日)

sponsored link



LINEで送る
Pocket



12 Responses

  1. la_vera_storia
    la_vera_storia at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    中央駅さんからみれば、このバスはレトロバスですか(笑)。 やっぱりどうしようもないほどの世代の違いを感じますね。私にしてみれば、ついこの間までよく利用していたように感じるバスなのでレトロでもなんでもないわけでして(苦笑)。そうですねえ....とは言ってもまあ「ベルリンのバス」というよりは「西ベルリンのバス」...そういうイメージが正確かな。このバスが(西)ベルリンの重要な「風景」として私の頭に良く残っているのは、壁際にあったフィルハーモニーでのコンサートが終了したときに会場からどっと出てくる聴衆を乗せるために建物の前にずらっと停車していたこの薄黄色バスのイメージですかねえ。元気だった頃にカラヤンの指揮姿、終演後に待っているこのバス、ポツダム広場方向に広がる不気味な闇...これが三位一体の風景の記憶ですよ。あれれ...全然ヴァンゼーとは無関係ですね(笑)、失礼しました。

  2. あk
    あk at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    ヴァンゼーといえば「ヴァンゼー会議の家」も有名ですよね。確かSバーンのヴァンゼー駅からバス114番で10分程。森の中には戦後SSの将校が隠れ得ていた家とかあるそうです。戦前はお金持ちユダヤ人の避暑地でもありました。地元の人から聞いた話ですけどね。

  3. Puku
    Puku at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    孔雀島、いいですよね。
    Th.Heuss.Pからバスがあるなんて知りませんでした。
    今母が来ていて、いい観光コースはないかなと考えてたところ。是非ともこのコースで天気のいい日に出かけます。

  4. キートス
    キートス at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    あのバス懐かしいですね。と言うのも、10年(もっと最近?)ほど前まで普通に走っていたからベルリーナーにとってはまだ「レトロ」ではない気がします(済みません・・・)。でも同じ218番路線には1960年代にデビューしたモデルもありますよ。丸っこい可愛いデザインですぐ分かります。そのタイプの導入に伴い「ワンマン式」(=車掌が乗っていない運行)が始まったので、ドア横か先頭に"Einmannwagen"(ワンマンカー)と書かれているのが特徴です(2年前の写真です):
    (http:)ameblo.jp/poppychen/entry-10018795719.html

  5. 第三市民
    第三市民 at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
     まだ壁に囲まれていた頃、日本語補習校の年中行事で、球技が禁止されている孔雀島にピクニックを装って大挙押しかけて、日本式の運動会をしていました。
     ドイツ人の父兄もいて、生まれて初めての運動会の体験に、大いに盛り上がって楽しい一日を過ごしました。
     力が強いので、綱引きの綱が引きちぎれたり、ドッジ・ボールで仲間意識が芽生えたり、管理人が文句を言ってきたら子どもを抱えて逃げるつもりでした。

  6. Tsu-bu
    Tsu-bu at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    都会に居ながら身近に森のある暮らしがうらやましい!
    谷中案内いつでもどうぞ。

  7. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >la_vera_storiaさん
    このバスをレトロと呼ぶかどうかは、正直迷いがありました^^;)。乗る前は、ボンネット型とかもっと古いバスを想像していたので。でも、私がベルリンに来たとき、すでにこのタイプはなかったですし、最近の冷房完備のバスに比べたらレトロな感じがしたのも確かです。いやでも、レトロという表現を使うときには、今後もう少し慎重でいたいと思います(笑)。

  8. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >あkさん
    「ヴァンゼー会議の家」はまだ行ったことがないのです。マックス・リーバーマンの館も近いですよね。次回はこの辺りを訪ねてみたいと思います。

  9. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >Pukuさん
    このバスは本数が少ないので、あまり知られていないのかもしれませんね。でも、BVGの料金で乗れる観光路線としても、なかなかおすすめですよ。

  10. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >キートスさん
    奥さんのブログを拝見しました。そうそうこれこれ、僕が乗りたかったのはこっちの方だったんです。これならレトロと言ってもいいですよね。

    >ドア横か先頭に"Einmannwagen"(ワンマンカー)と書かれて
    へ~、飛行機といい、キートスさんは乗り物にお詳しいですね。またいろいろ教えてください!

  11. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >第三市民さん
    >日本語補習校の年中行事で、
    私も一時期、補習校でお世話になっていたので、運動会の日は懐かしく思い出されます。しかし、学校全体で孔雀島に乗り込むとは、すごい(笑)。綱引きはやはり盛り上がりますよね。ご質問の件、もうしばらくお待ちください。

  12. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >Tsu-buさん
    谷中案内、機会があったらぜひよろしくお願いします。この緑は、本当にベルリンの宝ですね。

Comment

CAPTCHA