ノイケルン最新事情

ベルリンのノイケルン。数年前に起きた公立学校での暴力事件以来、何かと悪しきイメージがつきまとうこの地区ですが、「決してそれだけではありませんよ!」という地元住民からのエールを込めて、今回はノイケルンの最近事情をご紹介したいと思います。
ここ1年半ぐらい、ノイケルンが地元の情報誌などで取り上げられる機会が増えてきました。特にクロイツベルク地区との境は、「クロイツケルン」などと呼ばれ、カフェやバーの数が増えて活気付いています。また、旧東のプレンツラウアーベルク地区の家賃が高騰するにつれ、そこに長く住んでいた学生や芸術家がノイケルンに越してきているという話も聞くようになりました。近くのテンペルホーフ空港が昨年閉鎖され、騒音問題が解決されたことは今後どう影響するのか。少なくとも、今ベルリンで1番「変化」が感じられる地区といえるかもしれません。
移民が多く住む新興地区というイメージの強いノイケルンですが、実はここには、ベルリンの中でもとりわけ長い歴史を持つ一角があります。フリードリヒ・ヴィルヘルム1世が、祖国を追われたボヘミアの新教徒を受け入れたことで知られるリクスドルフ(Rixdorf)。その起源は14世紀にまで遡り、地図を見れば、この一帯だけ道が迷路のように入り組んでいるのがすぐにわかるでしょう。まさに「都会の中の村」という趣を残しています。
関連記事:
ノイケルンでの第2アドヴェント – リクスドルフという場所 – (2007-12-13)
リクスドルフにある落ち着いた雰囲気のバー「B-Lage」(Mareschstr.1)
夜に飲み歩くなら、ヴェーザー通りや前述の「クロイツケルン」地区がお薦めです。「Ä」(Weserstr.40)や「Freies Neukölln」(Pannierstr.54)は、飾り気はないけれども、居心地が良い飲み屋。ベルリンの多くの地域で失われつつある雰囲気を残しています。「Raumfahrer」(Hobrechtstr.54)というバーは、その名の通り「宇宙飛行」をイメージした内観が特徴で、現在のノイケルンのトレンドとも言える店かもしれません。古典を大胆に現代化することで定評のある「ノイケルン・オペラ」(冒頭の写真)など、文化面での充実ぶりも見逃せません。
プレンツラウアーベルクやクロイツベルクのように、オシャレでも垢抜けてもいませんが、発見する楽しみに溢れた場所であることは確かです。ぜひ1度お越しあれ!
ドイツニュースダイジェスト 3月13日)

sponsored link



LINEで送る
Pocket



6 Responses

  1. akberlin
    akberlin at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    確かにノイケルンにいいイメージはなかったのですが、
    プレンツラウアーベルクが流行りすぎて、流行に敏感な
    ひとたちは「もう終わりだな、あの辺は」とすら言ったり
    するとか?
    コレからはノイケルンが「来る」のかもしれませんね。

    というよりちょっと治安に不安があっても安い地区が
    急に流行の地区になって家賃高騰、というのは世界的な
    トレンドでもある気がしますが。

  2. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    akberlinさん
    久々のコメントありがとうございます!
    昨年、ノイケルン在住の友達に出会い、一緒に飲み歩くようになってから、この地区のことをいろいろ教えてもらうようになりました。彼のノイケルン話が本当に面白いんです。彼の同居人は、「ここもそのうち家賃が上がってくるだろうから、今のうちに越しておいてよかった」と言っていましたが、今後どうなるでしょうね。

  3. 同郷のふみ
    同郷のふみ at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    ノイケルン住人です。
    数日前はななめ向かいのアパートで殺人事件などが起きましたが・・・いつも活気があり、気取ったところが全くないこの地区、大好きです。
    かといえカフェもポツポツ、ギャラリーもポツポツ、便利なDönerはいっぱい。開拓する場所もいっぱいでしばらく飽きることはなさそうです。

    共通の友人、が誰かわかりました。
    本当にいつかお会いする機会を楽しみにしています!

  4. zaichik
    zaichik at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    お久しぶりです。私にとって、ベルリンで初めて住んだのがMaibachufer、外に出ると目の前はトルコ市場。地区で言うとクロイツベルク/ノイケルン(?)なので、初期の頃の感情が戻ってくるその場所にまた住みたいとは思わないんですが、本当にベルリンは地区によって街の表情が違うのが面白いですね。

    ここ数年はすっかりミッテ/プレンツラウアーに留まっていますが、確かに最近どうもツーリストがワンさか増えて何だかなぁ、という感じはあります。家賃も昔に比べると嘘みたいに上がってきてますし。それでも、まだまだ他のドイツの都市やパリ、ロンドンなどと比べると手頃だというのがベルリンの良さですよね。

  5. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    同郷のふみさん、お久しぶりです。
    ノイケルンご在住なのですね!
    >数日前はななめ向かいのアパートで殺人事件などが起きましたが・・・
    昨年空港に面した界隈を歩いていたら、警察によるRazziaの場面に出くわして、それだけでも結構びびったものですが、近所でそんなことがあったとは驚きですね。地域によっては、やはりそれなりの用心も必要なのでしょう。

    >共通の友人、が誰かわかりました。
    そうですか。ではいつかぜひお会いしましょう!

  6. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    zaichikさん
    久々のコメントありがとうございます。こちらこそご無沙汰しています。

    >私にとって、ベルリンで初めて住んだのがMaibachufer、
    >外に出ると目の前はトルコ市場。
    そういえば、昔その時の話を聞いたことがありますね。ベルリン最初のアパートがあの界隈だったら、そりゃインパクトも大きかったことでしょう。

    >本当にベルリンは地区によって街の表情が違うのが面白いですね。
    僕も本当にそう思います。この面白さをこれからも伝えていきたいところです。  

    >最近どうもツーリストがワンさか増えて何だかなぁ、
    共通の友人のKくんも盛んに言っていますよね(笑)。今年はノイケルンに引っ越したいとのことですが、どうなるかな?

Comment

CAPTCHA