森の音楽会―ヴァルトビューネの楽しみ

Berliner Waldbühne(6月15日)
毎年6月末になると、コンサートホールや劇場が夏休みに入る一方で、ベルリンの街のあちこちで野外コンサートが開かれるようになる。中でも広く知られているのが、シャルロッテンブルク地区の森の中にあるヴァルトビューネ(「森の劇場」の意)だろう。毎年6月半ば、シーズンの最後に行われるベルリン・フィルのコンサートはテレビでも放映されるので、ご覧になったことがある方も多いはずだ。
そもそもヴァルトビューネは、古代ギリシャの円形劇場をモデルに、1936年のベルリン・オリンピックに合わせて造られた建造物のひとつ。当初はディートリヒ・エッカートビューネという名称で、オリンピックでは器械体操などの競技がここで行われたという。
第2次世界大戦後、現在の名称になったこの野外劇場は、当初は主にボクシングの試合などに使われていたが、1960年代に入ってコンサート会場としても用いられるようになる。ところが、65年9月のローリング・ストーンズのコンサートで事件が起きた。コンサートの短さに失望したファンが暴動を起こし、警官隊が放水して鎮圧する事態にまでなったのだ。損傷額は膨大なものとなり、その後しばらくはほとんど使われなくなった。
ヴァルトビューネが再びコンサート会場として活況を呈するのは、80年代に入ってから。サーカス小屋を思わせる現在の白い屋根が舞台上に設置され、やがてベルリン・フィルが毎年ここで演奏するようになると、テレビ放映もあって世界的に知られるようになった。いまやベルリンの夏の音楽シーンに欠かせない舞台である。
先日、弱冠27歳のベネズエラ人指揮者グスターボ・ドゥダメルの登場で話題を呼んだ、ベルリン・フィルのコンサートに足を運んでみた。2万2000枚のチケットは数カ月前からすでに完売。お客さんは2時間ぐらい前から会場にやって来て場所を確保し、持ってきた弁当をほおばりながら和気あいあいと楽しんでいる。この開放感は野外ステージならではで、コンサートが始まると、音楽に混じって小鳥の鳴き声なども耳に入ってくる。
劇場の一番上に立つと、意外と傾斜がきついのに驚くだろう。舞台との高低差は30メートルもあり、石の階段の上り下りはなかなか大変だ。だが、曲目が進むにつれて、この構造が舞台とのすばらしい一体感を生み出す。夕暮れ時、空の色合いは刻一刻と変わり、音楽と溶け合うかのように感じられるときさえある。やがて、ろうそくや花火を灯す人が増えてくると、コンサートは佳境に。「リズムの夜」と題してラテンアメリカの音楽を並べたこの日のプログラムは、若武者ドゥダメルのまっすぐな音楽作りと極彩色のオーケストラの響きによって、アルトゥーロ・マルケスの《ダンソン第2番》で壮大なクライマックスが築かれた。最後は、手拍子と口笛が入り乱れての恒例のアンコール曲《ベルリンの風》で幕。
これから夏本番にかけてヴァルトビューネでは、R.E.M(7/16)、ヘルベルト・グリューネマイヤー(7/22)、エリック・クラプトン(8/15)、ダニエル・バレンボイム指揮ウエスト=イースタン・ディヴァン・オーケストラ(8/23)などのコンサートが予定されている(公演情報はこちらより)。夏の心地よいベルリンの風を感じながら、この上なく贅沢な時間が待っているはずだ。
ドイツニュースダイジェスト 7月18日)

sponsored link


Berliner Philharmoniker
Gustavo Dudamel
Dirigent
Ana María Martínez Sopran
Los Ritmos de la Noche

Carlos Chávez
Symphonie Nr. 2 »Sinfonía India«
Manuel de Falla
Siete canciones populares españolas
Silvestre Revueltas
Sensemayá
Heitor Villa-Lobos
Bachianas brasileiras Nr. 5
Alberto Ginastera
Estancia, Ballettsuite op. 8a
Arturo Márquez
Danzón No. 2

sponsored link



LINEで送る
Pocket



8 Responses

  1. キートス
    キートス at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    あのコンサート良かったですね。あのステージにはぴったりだと思いました。
    初めての方にも後悔無くお楽しみいただくため2点だけアドバイスを追記します:
    1.持込の規制は厳しい:飲み物は一人当たり500mlのPETボトル1本までです(ガラス瓶は厳禁)。ピクニックバスケットも禁止。花火は原則として禁止だが、Wunderkerze(英語sparkler、針金で持つ細い、「星」が飛び散るミニ線香花火)は少量なら許される。
    2.日が暮れると急激に寒くなります。シートクッション、湿気止めとしてその下に敷くビニール(大型ビニール袋でもo.k.)、ひざにかけるブランケット、ジャンパー、靴(サンダルなどは不十分)、雨具(傘は迷惑)は基本の基本です。

    ベルリンの真夏の夜、Sバーンで妙に厚着している人を見かけたら、きっと、ヴァルトビューネへと向かっています。

  2. TAIZO
    TAIZO at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    ノイケルンで検索してたどり着きました。
    15年くらい前にノイケルンに住んでいました。
    とても懐かしいです。

  3. Daisaku
    Daisaku at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    ああ、いいですね…野外コンサート! そういえば、5月に個展のオープニングで滞在していた時、勘三郎のポスターとともにクラプトンの公演のポスターを町のあちこちで見ました。ヴァルトビューネでの開催だったのですね。

    日本もそろそろ梅雨明け…私も夏の夕暮れの風の中、「ベルリンの風」を楽しんでみたいです。

  4. toska
    toska at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    いつも楽しんで読ませていただいています。素晴らしい写真と文章に、たまに羨望などを覚えたりもしております(ははは)。私は6年ほどドイツに住んでいます。学生の身分でお金がなく、旅行をほとんどしたことがないのですが、ベルリンには以前1日だけ行ったことがあります。その時に、この間火事になったコンサートホールでベルリンフィルを聴いて感動しました。ベルリンはすっごい大都会なのに、こんな緑深い場所もあるんですね。野外コンサート、素敵だな~。いつか大学卒業して、お金を稼げるようになったら、絶対に行きたいです。

  5. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >キートスさん
    非常に実用的な現地情報を付け加えていただき、どうもありがとうございます。なるほどと思って拝読しました。来年行く方にも役に立つ情報ですね。あの花火はWunderkerzeというのですか!知らなかった。

    >日が暮れると急激に寒くなります。
    あの日もそうでしたね。ただ、直前まで雨が降っていたにも関わらず、その後天気が回復してくれて本当によかったです!

  6. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >TAIZOさん
    元ノイケルナーの方ですか!
    ノイケルンの情報はまだまだ少ないですが、これから少しずつ加えていきたいと思っています。またお越しください。

  7. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >Daisakuさん
    ヴァルトビューネは、ロックやポップスのコンサートも盛んなんですよね。いつか機会があったら、何かご一緒しましょう。それにしても、ここ2週間はどんよりした天気が続き、夏の「ベルリンの風」とはほど遠い日々です・・・。

  8. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >toskaさん
    はじめまして!
    ヴァルトビューネのコンサートのチケットは、いくつかのカテゴリーに分かれていますが、私が聴いた最上ブロックは1枚18ユーロと決して高くありません。いつかぜひ聴きにいらしてくださいね。

Comment

CAPTCHA