「戦勝記念塔」 BZ Lexikon(170)

今朝のBerliner ZeitungのLexikonに、ベルリンのおなじみの塔のことが取り上げられていました。最近の記事と関連が深いので、久々にこの場で訳してみます。
Lexikon: Siegessäule(戦勝記念塔)
Mit der Siegessäule wählt Barak Obama für seinen Auftritt einen Ort mit Bezügen zu Preußen, Nazi-Deutschland und Pop-Kultur. Sie stammt aus dem Jahr 1873 und sollte an die militärischen Triumphe Preußens in den Kriegen gegen Dänemark (1864), Österreich (1866) und vor allem Frankreich (1870/71) erinnern. Ursprünglich stand die Säule vor dem Reichstag. Wegen des von den Nazis geplanten Umbau Berlins zur Reichshauptstadt “Germania” wurde das Denkmal 1938/39 an seinen heutigen Standort versetzt. Mit der Love-Parade und den Umzügen am Christopher Street Day fanden rund um die Säule friedliche Großpartys statt, und sie wurde schließlich während Fußball-WM und -EM ein Orientierungspunkt an der Fanmeile.
訳)バラク・オバマは、自分の登場場所として、プロイセン、ナチス・ドイツ、そしてポップカルチャーと結び付きのある戦勝記念塔(ジーゲスゾイレ)を選んでいる。戦勝記念塔は1873年に造られ、対デンマーク(1864年)、対オーストリア(1866年)、そして特に対フランス(1870/71年)の戦争におけるプロイセン軍の勝利を想起させると言われている。当初、この塔は帝国議会の前にあった。ところが、ナチスによるベルリン帝国首都改造計画「ゲルマニア」により、この記念碑は1938年から39年にかけて現在の場所に移された。ラブ・パレードとクリストファー・ストリート・デイの引越しにより、塔の周りには平和的な大パーティーが開催された。サッカーのワールドカップとヨーロッパ選手権の期間中は、ファンマイレの目印の場所ともなった。
参考:
BZ Lexikon(99) 「クリストファー・ストリート・デイ」

sponsored link



LINEで送る
Pocket



Comment

CAPTCHA