橋口譲二さんが案内するホテル・ボゴタ

先日(昨年11月26日)、ベルリンの日独センターで写真家、橋口譲二さんの講演会が開かれました。1980年代から現在に至るまで、橋口さんが撮り続けてきた写真を紹介しながら、自身とベルリンの関わりについて語るという大変興味深いものでした。たまたま、同センターの関係者の方が私の著書を橋口さんにプレゼントしてくださったことから知り合う機会を得て、「あなたに案内したい場所がある。今度会えませんか?」と、思いがけない言葉を掛けてくださったのです。

その週末、橋口さんが連れて行ってくださったのは、クーダムから一歩入った通りにあるホテル・ボゴタ(Hotel Bogota)。橋口さんが20年近く定宿にされているというホテルです。中に入るとまず、簡素な外観からは想像がつかないほど重厚な内装に強い印象を受けました。時を重ねることでしか生まれない、歴史の厚みのようなものを感じたのです。

この建物が住居として建てられたのは1911年。20年代には政治家や芸術家が集う場となり、若き日のベニー・グッドマンが演奏した部屋は今も残されています。4階と5階は有名な女流写真家イヴァのアトリエ兼住居で、36年にはヘルムート・ニュートンが見習いとしてここにやって来ました(しかしナチスの台頭により、ユダヤ人のニュートンは亡命、イヴァは後に殺害されました)。

第2次大戦中は、ナチスがここに「帝国文化院」を移し、検閲活動などを行いました。多くの人事記録が残っていたことから、終戦直後は非ナチ化審議の舞台となり、指揮者フルトヴェングラーもここに呼ばれた1人です。戦後、いくつかのホテルが統合されてホテル・ボゴタが誕生したのが70年代。現在まで家族経営が続けられています。

sponsored link

「この古い時計の前で朝食をとるのが好き」と語る橋口譲二さん

宿泊料は40ユーロからとリーズナブル。内装は部屋ごとにすべて異なり、リピーターが多いそう。「僕がとりわけ好きなのは朝の時間。部屋にコーヒーの香りがほのかに立ち込め、グレゴリア聖歌が聞こえてきます。朝食はシンプルながら、どこか厳粛な雰囲気があるんです」。

フロアごとに誰でも自由に使えるスペースがあるのもこのホテルの特徴

ホテル・ボゴタを語る上で欠くことができないのが、ホテル内を彩るアートの数々。定期的に展覧会も開かれているほどで、吹き抜けのホールに飾られた日本人作家、大星純一さんの連作はひときわ鮮やかでした。

「このホテルは『文化』を本当に大切にしています。特に若い人たちに泊まって欲しいですね。ここで感じることは少なくないと思うし、何かに気付くきっかけになってもらえれば」と橋口さんは語っていました。
ドイツニュースダイジェスト 1月29日)

Hotel Bogota Berlin
Schlüterstr. 45
D-10707 Berlin
Tel. +49(0)30-881 50 01
Fax +49(0)30-883 58 87

追記:

大変残念ながら、ホテル・ボゴタは2013年12月をもって廃業となりました。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



7 Responses

  1. まっちゃん
    まっちゃん at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    懐かしい・・・実はここ、泊まったことあって。
    留学したての頃、ユースオケの宿泊先がここだったんです。
    なんか結構、怪しい置物とかあって、ちょっと怖いイメージもあったのですが(笑)、そんな由来のあるホテルだったのですね。
    知りませんでした!
    何泊かしたし、色んな友達と出会った場所なので、思い出いっぱいのホテルです。
    取り上げていただいて、ありがとうございました。

  2. la_vera_storia
    la_vera_storia at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    マサトさん、このホテルのことはかつて書いたことがあります(名前でリンク)。 「幻影」の(7)と(8)に登場する「45番地」とはこのホテルのことです。

    橋口さんの「ベルリン物語」は分断時代の80年代の西ベルリンの雰囲気を非常によく伝える本です。あの時代のベルリンを彷徨した者には橋口さんの皮膚感覚はよく理解できます。そして壁崩壊後間もないベルリンをどう感じたかについては「新ベルリン物語」でよく伝わってきます。それにも私はよく共感できます。

  3. Jens
    Jens at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    お久しぶりです。私もここは2度ほど利用したことがありました(立地と値段に惹かれて、笑)。が、こんな歴史的背景があるなんて全く知りませんでした。。。勿体無いことをしました!また機会があれば利用してみたいです。

  4. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    まっちゃん
    へー、このホテルにそんな思い出があったのですか。
    団体の若い人たちの宿泊先にもなっているようですね。
    ここではよく展覧会をやっているので、宿泊客でなくても気楽に中に入れる雰囲気がいいです。

  5. しゅり
    しゅり at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    マサトさん、こんにちは。

    橋口譲二さんは写真や著作でしか存じませんが
    静かな情熱を持たれた方だなと感じています。
    ベルリンの芯の部分を、人間の奥底を大事に撮られている方のように
    思います。
    写真から伝わるあのベルリンの混沌とした雰囲気が好きです。

    その橋口譲二さんはよくこのホテルを口にされておられますね。
    時々このホテルのHPを見るのですが、古きよきベルリンを
    感じさせてくれそうです。
    気になります。

  6. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    la_vera_storiaさん
    「幻影」の(7)と(8)は確か以前にも拝読したのですが、こうして改めて読ませていただき、深い感慨を受けました。ジョージ・クレア氏にお会いした時の出来事をつづった筆致には唸らされました。ふと、わずか20年前には、フルトヴェングラーの尋問に関わった人物に直接会って話を聞くことができたのかと思いました(もちろんla_vera_storiaさんの語学力と行動力があってのことでしょうが)。今後、あの時代を直に経験した人がどんどん少なくなることを思うと、焦りの気持ちを若干感じますね。自分に今できることはないかと・・・。

    それにしても、この「中欧の音楽と文化」掲示板、今さらながらものすごい内容の充実とボリュームですね。時間のある時に最初から最後までじっくり拝読したいほどなのですが、(掲示板ゆえの)読みにくいフォームなのがとても残念です。

  7. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    Jensさん
    確かにこのホテルの立地は魅力的ですよね。ベルリン在住の私でも、一度泊まってみたいとさえ思っています(笑)。

    しゅりさん
    橋口さんについては、私も似たような印象を抱いていたのですが、実際にお会いしてみて、やわらかい笑顔の中にも芯の強さを感じさせる方でした。

    しゅりさんのベルリン滞在記も楽しく読ませていただいています。トルコマーケット、楽しいですよね。このホテルもいつか泊まってみてください。

Comment

CAPTCHA