ホテル・ボゴタの末宗美香子さん

今年初頭にご紹介する機会のあったホテル・ボゴタには、Lichthofと呼ばれる吹き抜けのホールがあります。しばらく前から、写真家の橋口譲二さんとホテルのオーナーのリスマンさんのアイデアで、このリヒトホーフに日本人アーティストの作品が定期的に展示されています。
関連記事:
橋口譲二さんが案内するホテル・ボゴタ (2010-1-27)
ちょうど今、画家の末宗美香子さんが、11月30日のオープニングに向けて作品を製作中というので、その様子を見に行ってきました。末宗さんは神奈川県在住の作家で、約2ヶ月間プレンツラウアー・ベルクに住みながら、ほぼ毎日ホテル・ボゴタに通って絵を描いている日々だそうです。
末宗さんが描く絵はやさしい色合いの水彩画。基本的に人物をモチーフにしているのですが、近くに寄ってよく見てみると人間のようであり、どこか動物のようだったり。初めて見るのに、一方でどこか懐かしさも覚えます。彼女の絵は、子供が描く絵から影響を受けているそうですが、そのことにつながる気がします。タイトルがまたユニーク。アルファベットで書いてあるので一見英語かと思うのですが、例えば手前の絵は”MORI WO KAKENUKE TADORITSUKU”、その奥の絵は”SHUPPATSU NO JUMBI WA MOUSUDENI DEKITAKAI?”という題名が付いていて、そこからまた想像力が喚起されます。
こちらの絵のタイトルは、”NAKISUGITA WATASHI WA MOU WARAUSHIKA NAINODESU”。
最終的には全部で15作品ぐらいになる予定で、この吹き抜けに吊らされる予定だそう。これらのユニークな作品たちを、ホテルのいろいろな階から眺めるのはとても楽しいだろうと思います。末宗さんの展覧会のオープニングは、11月30日の18時半からホテル・ボゴタで開催されます。お時間がありましたら、ぜひ足をお運びください。
Hotel Bogota Berlin
Schlüterstr. 45
D-10707 Berlin
Tel. +49(0)30-881 50 01
Fax +49(0)30-883 58 87

sponsored link



LINEで送る
Pocket



5 Responses

  1. ゆきち
    ゆきち at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    自由な色使いは 海外だから出来る事かも 私の第1印象

  2. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    Travelerさん
    それはとても残念なことですね。ホテルの関係者に会う機会があれば、このことは伝えておこうと思います。

  3. TAMTAM
    TAMTAM at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    質問です。
    こちらはいつまで展示されているのでしょうか?
    また、末宗さんはまだ現地にいらっしゃるのでしょうか?

  4. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    TAMTAMさん
    末宗さんは12月にすでに日本に帰られています。BOGOTAでの展示は春先まで続くそうなので、機会があればぜひ見にいらしてくださいね。

  5. TAMTAM
    TAMTAM at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    ありがとうございます!!一目みたいです。。。

Comment

CAPTCHA