発掘の散歩術(25) -マックス・リーバーマンの理想郷-

色とりどりの花が咲き乱れるリーバーマン邸西側の庭園
ベルリンの西の郊外、Sバーンのヴァンゼー駅から114番バスに乗り、湖沿いの高級別荘街を走ること数分、Liebermann-Villaと書かれたバス停で降りた。ベルリン分離派の創立者でプロイセン芸術アカデミーの総裁を務めるなど、ドイツ画壇の重鎮として知られた画家マックス・リーバーマン(1847〜1935)。目の前にそびえる立派な屋敷は、彼が晩年の25年間、家族とともに過ごした夏の別荘である。
中に入ると、隅々まで手入れが行き届いた美しい庭園が目の前に広がった。リーバーマンが住んでいた頃は果物や野菜も栽培していたそうだ。奥には白いベンチが置いてあり、女の子がスケッチをしている。花々に目をやりながら、老婦人がゆっくりこちらに向かって歩いてきた。何とも絵になる風景だ。
邸宅の1階では、暖炉のある部屋やサロン室など、当時の面影を残した部屋にこの場所の歴史が展示されている。食事室の向こうにはテラスが広がり、奥にヴァンゼーの湖を見渡せた。「夢のような」というありふれた形容が、ここではぴったりくる。
リーバーマンがこの別荘地に土地を購入したのは1909年のこと。当時、彼の住居はブランデンブルク門の真横にあった。慌ただしい都会生活から離れて、穏やかな日々を過ごしたかったのだろう。邸宅と庭園の設計はそれぞれ専門家に依頼しているが、隅々に至るまで彼の意向が取り入れられている。ギリシャ風の柱が構える邸宅は、かつてリーバーマンも描いたことのあるハンブルクの屋敷がモデル。草木が生い茂る実用園に対して、邸宅の東側は「部屋から湖を臨めるよう単純な芝生にしてほしい」と設計者に対して注文をしたそうだ。その横には、幾何学的に見事に構成された3つの庭園が隠れるようにしてある。
Max Liebermann, Garten am Wannsee
リーバーマン邸東側のテラスからヴァンゼーを臨む
セルフサービスのカフェになっているテラス席に座ってコーヒーを飲む、時おり湖を眺める、本を読む。リーバーマンのアトリエがあった2階に行き、彼がこの場所で描いた数々の絵画を眺める。それは本当に素敵な時間だった。ロッジアの壁面には、楽園の庭を描いた古代ローマのフレスコ画に触発されて、リーバーマンが描いた壁画が残っていた。彼はこの場所を本当に理想郷と感じていたのだろう。
だが、やがて狂気の時代がやってくる。ナチスが政権を握ると、ユダヤ人であるリーバーマンに対して公然と嫌がらせをするようになった。抵抗の意を示すため、彼はすべての公職を辞した後、1935年失意のうちに死去。ナチは未亡人のマルタに対して、屋敷を帝国郵便局に売却するよう命じた。周辺は、ナチス高官の住まいに変わっていく。そして1943年、マルタ夫人は強制収容所テレージエンシュタットへの強制輸送を前に自死を選んだのだった……。
ホロコーストの1つの出発点となった1942年1月のヴァンゼー会議の舞台となった屋敷は、ここから目と鼻の距離にある。理想郷のようなこの場所と殺人工場とのギャップをどのように考えたらいいのだろうか。私はまだ、ヴァンゼー会議の館に行ったことがない。だが、ユダヤ人がこの世からいなくなることを「理想」と考えた人間がいた場所も、近いうちに見ておかなければと思っている。
ドイツニュースダイジェスト 8月10日)
Information
ヴァンゼーのリーバーマン邸 
Liebermann-Villa am Wannsee

第2次世界大戦後、この邸宅は病院として使われ、地元のダイビングクラブに貸し出されていた時期もあった。その間、庭園は完全に荒れ果てたが、1995年に設立されたリーバーマン協会のイニシアチブにより修復が進められ、2006年にミュージアムとして再オープンした。これらの活動が評価され、EUの文化財保護賞を受賞。入場料は6ユーロ(割引4ユーロ)。
開館:月水金土10:00〜18:00、木日祝10:00〜19:00(10〜3月は水〜月11:00〜17:00)
住所:Colomierstr. 3, 14109 Berlin
電話番号:(030)805 85900
URL:www.liebermann-villa.de
「マックス・リーバーマンとエミール・ノルデ 庭園の絵画」展
Max Liebermann und Emil Nolde. Gartenbilder

© Nolde Stiftung Seebüll
リーバーマン邸の2階で開催中の特別展。リーバーマンの同時代の画家で、作風も歩んだ道も重なるエミール・ノルデ(1867〜1956)。庭園画に思い入れの深かった2人の作品を対照させて展示している。リーバーマンの作品の多くはこの邸宅で描かれており、具体的な場所を確かめながら鑑賞することができるのは、このミュージアムならでは。
期間:2012年9月3日(月)まで

sponsored link



LINEで送る
Pocket



2 Responses

  1. tsu-bu
    tsu-bu at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    このところ興味深い記事が続いていて、すぐにでもベルリンに飛んでいきたい気分です。マックス・リーバーマンの邸宅と作品はもちろんのこと、ご夫妻の人生についても興味がわいてきます。
    次回はゆっくり滞在して、ベルリンの奥深さを味わいたいと思います。

  2. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    tsu-buさん
    コメントありがとうございます。
    リーバーマン、自宅がブランデンブルク門の真横というのがすごいですよね。現在もここにはリーバーマンハウスがあり、定期的に行事が行われているようです。
    http://www.berlin.de/orte/kulturorte/stiftung_brandenburger_tor/
    次の記事も、tsu-buさんにベルリンに飛んで来たい気分にさせてしまったでしょうか(笑)。

Comment

CAPTCHA