Countdown WM オランダ 2-2 ドイツ@親善試合 ほか

●今日はサッカーの一日。まずは横浜で行われた日本対イラン戦だが、これはもちろんネットで結果を確認しただけである。前の仕事の関係で、5月にハンブルクでイラン代表のマハダビキア選手にインタビューする機会があり、その時彼はこの試合について「8月までにお互いにW杯出場を決めていて、Bチーム同士で戦えたらいいね。」なんてことを言っていたのだが、まさにその通りになった。マハダビキアは本当に好感の持てる人だった。今はHSVで控えに回っているようだけど、陰ながら応援しております(→Mahdavikia)。試合は2対1で日本が快勝したようだ。
●夜は20時半からオランダ対ドイツの親善試合をARDで観る。6月のコンフェデ杯では着実な成果を示したドイツ代表だが、超えそうでなかなか超えられないひとつの壁がある。それは「ドイツは強豪国には勝てない」というもので、フランス、ブラジル、イタリアといったクラスとの試合にはかれこれ5年近くも勝ちに見放されているのだ。今日の相手は宿命のライバル、オランダだけにドイツがどういうサッカーを展開するのか興味あるところ。しかし試合が始まると、オランダが圧倒し、ドイツは何もできない。初めて見たRobben(チェルシー)という選手の個人技はスゴかった。オランダは狭いスペースによくパスを通す。後半早々オランダが2点目を決めたところで、勝負あったかに見えたが、そこからドイツに火が付き、結局同点にまで持ち込んだのだから、大したものだ。しかし、自力の差は明らか。コンフェデ杯でブレイクしたシュバインシュタイガーとポドルスキーのフレッシュコンビがいなかったせいだろうか。今日のドイツは、少し前までの「じみーなドイツ」に逆戻りしている印象を受けた。
●オランダ対ドイツ戦とほぼ平行して、Eurosportではフランス対コートジボワール戦を中継。時々チャンネルを切り替えて観たが、あのジダンが代表に復帰した!それも自らゴールまで決めて。
●23時からはEurosportで同夜行われたワールドカップの欧州予選と親善試合のハイライトが放送されるが、結局これも観てしまう^^;)。今、スウェーデン対チェコ戦をやっていて白熱している模様。しかし、サッカーってどうしてこんなにおもしろいのだろうか・・・これからの欧州予選も見逃せそうにない。
ハンブルガーSVの本拠地のスタジアム。来年のワールドカップでも会場のひとつになります。ちなみにタイトルのWM(ヴェーエム)とは Weltmeisterschaft の略で、「ワールドカップ」の意味を表す略語として、ドイツではよく使われます。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



Comment

CAPTCHA