がんばれ、寺田周平!

秋に日本に帰った折、私にとっては極めて珍しいことだが、現役Jリーガーに会う機会が一度あった。川崎フロンターレのDF寺田周平選手。実は、寺田さんと私とは、県立横須賀高校時代の同級生になる(といっても、クラスは別。この学校では3年間組替えがないこともあり、当時話した記憶は残念ながらない)。今年母校が創立100周年を迎えるにあたって、地元のタウン誌「はまかぜ新聞」が特集を組み、横須賀高校出身の著名人にインタビューを行うことになった。ライターをしている私の母が寺田さんに会いに行くことになり、それに付いて行ったというわけなのだった。
セミがまだ鳴く9月のある日、川崎の山奥(失礼!)にあるフロンターレのクラブハウスを訪れ、待たされた部屋に午前の練習を終えたばかりの寺田さんが現れた。びっくりするくらい長身の、でも物静かなとても感じのいい方だった。99年から川崎フロンターレ一筋の寺田さんは、33歳のベテランとなった今もチームの主力選手として活躍している。
今年4月、寺田さんは32歳にして初の日本代表に選ばれた。現在所属チームはリーグ戦で上位につけており、「僕の現役生活はもうそれほど長くない。今季はどうしてもタイトルがほしい」と静かに語っていた姿が印象に残っている。
当たり前だが、日本代表に選ばれるというのはすごいことだ。「(周りは)錚々たる顔ぶれでしたよ」と半分ため息混じりに語る彼の様子を見て、私は“怪我で苦しむことの多かった彼が、一度だけでも代表でプレーできたのは本当によかった”と心から思った。ところが、先日のシリア戦に寺田さんは再度招集され、明日19日のW杯アジア最終予選 カタール戦のメンバーにも残った。新聞などを読むと、負傷したDFの大黒柱中沢選手の代役という立場のようだが、そのことは今どうでもよい。W杯予選という胃がキリキリするような大一番で彼が一体どういうプレーをするのか、何だか私まで武者震いするような気分でいる。
誇るべき同級生、寺田周平選手にご注目ください!
関連記事:
32歳寺田男泣き「こういう時が来るとは」(日刊スポーツ)
寺田つかむ!最年長W杯予選デビュー(スポーツ報知)
この記事は、「はまかぜ新聞」のサイト(5ページ目)でご覧いただけます。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



2 Responses

  1. よんちゃん
    よんちゃん at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    日本代表での寺田選手を初めてみました。
    なにはともあれ、日本が勝ちましたね。

  2. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >よんちゃんさん
    コメントありがとうございます。
    寺田選手、先発フル出場し、チームも完勝しましたね。前半はミスもあったようですが、まずは本当によかった。いろいろな意味で今後につながる試合だったと思います。

Comment

CAPTCHA