BZ Lexikon(51) 「アンクル・トムの小屋」

1月19日の紙面より。
Lexikon: Onkel Toms Hütte(アンクル・トムの小屋)
“Onkel Toms Hütte” ist der Titel eines Romans der US-amerikanischen Schriftstellerin Harriet Beecher Stowe (1811 bis 1896). Er erschien 1852 und schildert das Schicksal von afroamerikanischen Sklaven im 19. Jahrhundert. Als Vorbild für “Onkel Tom” diente der Autorin ein Mann namens Josiah Henson. Er lebte in Bethesda, einem Vorort von Washington. Sein Holzhäuschen, das dem Bestseller seinen Namen gab, hat jetzt der Staat aufgekauft. Es soll Gedenkstätte werden.
(メモ)
aufkaufen: 買い占める、買い集める
訳)「アンクル・トムの小屋」はアメリカの女流作家、ハリエット・ビーチャー・ストウ(1811-1896)の小説のタイトルである。この小説は1852年に刊行され、19世紀アフリカ系アメリカ黒人の奴隷の運命を描いた。アンクル・トムのモデルとして、この作家はジョサイア・ヘンソンという男を用いた。彼はワシントンの郊外のベスズダに住んでおり、このベストセラー小説に命名した木造の小屋を、この度市が買い取った。この小屋は記念館になるとのことである。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



Comment

CAPTCHA