2002年8月 ベルリン大パノラマ!

ポツダム広場にて(2002年8月9日)。
ここしばらく昔の写真を整理していたら、先日ご覧いただいた中央駅の写真以外にも、今となっては貴重なベルリンの写真がさらに出てきた。今回はその中から、2002年8月9日に撮った写真をご紹介したいと思う。ちょうど私の母親がベルリンを訪ねていた時で、この日のお昼にポツダム広場を案内した後、近くの乗り場から出ているHi-Flyerという気球に初めて乗ったのである。暑い日だったが、上空からの眺めはすばらしく、とても楽しかったのを覚えている。
先日久々にその時の写真を眺めて、下界の風景の変わりように唖然としてしまった。これらの写真が「今となっては貴重な」というのはそういう意味である。
さてみなさん、それでは空の旅への準備はよろしいでしょうか?
さてまずは北側。手前から奥への通りはEbertstraßeで、かつてこの線に沿って壁が真っ直ぐにそびえていた。その右側手前の空き地だが、その3年後ここにホロコースト記念碑がオープンすることになる(以前の記事はこちら)。当時はまだ工事が始まってさえもいなかったのだ。
その上のスペースに丸い円形が確認できないだろうか。これは当時ここに展示されていたユナイテッド・バディー・ベアーズで、一個一個全てがクマである(こちらを参照)。この場所には現在新しいアメリカ大使館が着々と建設されている。「新しい」といっても、アメリカ大使館は戦前ここにあったので、元の場所に戻るだけということになるのかもしれないが、「よりによってこんな場所にアメリカ大使館を建てるなんて・・」と思っているベルリン市民は少なくないのかも。とにかく完成の暁には、ものすごい厳重な警備が敷かれるのは間違いない。
その上はパリ広場でブランデンブルク門も見えるが、ちょうどこの時期はまだ改修工事の最中で、張りぼてのような姿をさらしていた。そこから画面左に向かって、連邦議会議事堂(Reichstag)、パウル・レーベ議員会館、その奥まった場所にベルリン中央駅、そしてその左に首相官邸。この一帯がいわゆる、政府地区(Regierungsviertel)である。
視点を東に移すと(時計回りの順でいきます)、こちらがミッテ。第2次世界大戦で最も被害を受けた場所なので、建物のほとんどは戦後に建てられたものだ。手前のアパート群の敷地のどこかに、ヒトラーの防空壕があったはず。一番奥にはテレビ塔、その手前にベルリン大聖堂、共和国宮殿などが見える。
下を見下ろすとポツダム広場の全景がこのようにはっきりと。画面左側の八角形はライプチヒ広場。3年半前はまだこんな感じだったのか・・現在この周辺でまだ何も建っていない場所はほぼ皆無と言っていいくらいだ。もし今度久々にこの気球に乗る機会があったら、この時の写真と比べてみたい。
さてその横はポツダム広場の高層ビル群。左からDB本社ビル、そして富士山をイメージしたヘルムート・ヤーン設計のソニーセンターが何といっても目立つ。その奥は文化フォーラム(Kulturforum)地区で、大小2つのフィルハーモニー、マタイ教会、ミース・ファン・デア・ローエが設計した新ナショナルギャラリーなどなど。以前お話した私のベルリン最初のアパートは、この美術館の運河を渡ったすぐ裏手にあった。ポツダム広場と文化フォーラム地区についてはまた別の機会に取り上げてみたい。
さらに視点を時計回りに移すと、これで一周したことになる。
画面いっぱいに広がる緑はティーアガルテン!ベルリンは今も昔も、この深い森とともにあるのだ。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



8 Responses

  1. lignponto
    lignponto at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    2000年から3回ベルリンを訪れているのでなんか懐かしいような気がしました。次は、何時行けるかわかりませんが、またかわっているんでしょうね。

  2. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    lignpontoさん、コメントありがとうございます。今度いらっしゃる時は、Hi-Flyer乗られてはいかがですか。料金はちょっと高めですが、天気がいい日にはおすすめです。

  3. ぷりんつ・あるぶれひと
    ぷりんつ・あるぶれひと at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    一度、気球から撮影した写真をみてみたかったのですよ!!
    閲覧できて、とても嬉しく思います。

    ところで、『気球』は現在運営されてるのでしょうか?国会議事堂前に軽飛行機が墜落して、運行禁止になったというニュースがネット上で流れた時期がございました。

    ヒトラーの防空壕跡地も、3年以上前だと、若干様子が違うようですね。
    『総統防空壕』へのアクセスは以下をどうぞ・・・
    ヒトラーの自殺地点の表示付です。

    http://www.geocities.jp/dokidokigermanhours/newpage204.html

    遺体焼却現場は、後日アップいたします。

  4. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >ところで、『気球』は現在運営されてるのでしょうか?
    おっしゃる通り、あの事故があってからしばらく気球は運休していましたが、その後運行自体は問題なくなったはずです。HPには3月より運行と書いてありましたが、まだ飛んでいるのを見たことがありません。もう少し暖かくなってからなのでしょうかね。

    ヒトラーの防空壕跡地、よくぞここまで調べられましたね。いつか機会があったら参考にさせていただきます。悪の歴史ゆえに、記念碑等は一切立っていないのですね。

  5. nozomu
    nozomu at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    私がいた2001年当時も気球やってました。結局乗らずじまいで帰国してしまったので、ここで見ることが出来て感激です。ジーゲスゾイレの上からみた景色ともちょっと違って興味深いですね。ところで、ZIPFMに出演されていたんですね!残念ながら聞きそびれてしまいました。今度出演されるときは大々的に予告お願いします。(^^)/

  6. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >nozomuさん
    テレビ塔は大分東寄りですし、ジーゲスゾイレは西寄り。私はこの気球からが東西両方をバランスよく見渡せて一番楽しめました。もう少し暖かくなったら運行を再開してほしいものです。

    nozomuさんは名古屋地域の方ですか?そうない機会だと思いますが、もしまたこのようなことがあったら、今度は予告させていただきます^^;)。

  7. ぷりんつ・あるぶれひと
    ぷりんつ・あるぶれひと at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    当方のサイトをご覧頂き、誠に有難うございます。

    >記念碑

    周辺に、『ここが宣伝省でした』『ここは新総統官邸でした』というパネルはあったのですが・・・防空壕跡地は単なる駐車場でした。また、ルドルフ ヘスが自殺したシュパンダウ刑務所跡地も、ネオナチの聖地になることを恐れてか、パネルのようなものは一切ありませんでした。

  8. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    ぷりんつ・あるぶれひとさん、最近新聞で読んだのですが、ヒトラーを風刺した新しい映画が作られるそうですね。先週そのロケが行われたらしく、ベルリン大聖堂の前にハーケンクロイツの旗が翻る写真が載っていました。

Comment

CAPTCHA