BZ Lexikon(83) 「バイエル社」

ベルリンの大手製薬会社シェリング社がバイエル社に買収されることになり、新聞などで大きく取り上げられています。3月25/26日の紙面より。
Lexikon: Bayer AG(バイエル社)
Die Bayer AG ist schon jetzt – vor der Fusion mit Schering – das größte deutsche Pharma-Unternehmen. Der Konzern mit Sitz in Leverkusen erzielte im vergangenen Jahr Umsatzerlöse von 27 Milliarden. Er ist mit 350 Gesellschaften auf fünf Kontinenten vertreten. Weltweit beschäftigt Bayer 93 700 Mitarbeiter. Gegründet haben das Unternehmen der Farbstoffhändler Friedrich Bayer und der Färbermeister Johann Friedrich. Ihre “Friedr. Bayer et comp.” begann am 1. August 1863 in Wuppertal-Barmen damit, synthetische Farbstoffe herzustellen. Heute hat der Bayer-Konzern rund 5 000 Produkte im Programm. Das bekannteste ist Aspirin.
(メモ)
synthetisch: 総合の,《化》合成の.
訳)バイエル社は今やすでに(シェリング社との合併前から)ドイツで最大の製薬会社である。このレーバークーゼンに居を置くコンツェルンは、昨年270億ユーロの売上金を獲得した。バイエル社は5大陸350社を代表し、世界全体で93700人の従業員がいる。この会社を設立したのは、染料商人のフリードリヒ・バイエルと染色マイスターのヨハン・フリードリヒだった。合成の染料を製造する”Friedr. Bayer et comp.”社は、ヴッパタール・バルメンで1863年8月1日に開業した。今日バイエル社のコンツェルンは約5000の製品をプランに入れており、中でも最も知られているのはアスピリンである。
ちなみに「アスピリン」は、バイエル社が1899年に一般名アセチルサリチル酸に対し付けた名前なんだそうです。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



Comment

CAPTCHA