BZ Lexikon(107) 「ヒースロー空港」

アルカイダによる飛行機テロ計画でクローズアップされた、ロンドンのヒースロー空港についてです。ヨーロッパ旅行でこの空港を利用したことのある方は多いでしょうね。8月11日の紙面より。
Lexikon: Flughafen Heathrow(ヒースロー空港)
Der Flughafen London Heathrow ist – gemessen an der Fluggastzahl – der größte in Europa und der drittgrößte weltweit. Fast 68 Millionen Passagiere nutzten ihn im vergangenen Jahr, fast 470 000 Flugzeuge hoben dort ab und landeten. Der Flughafen liegt im Westen Londons, im Stadtteil Borough of Hillingdon, etwa 24 Kilometer vom Zentrum entfernt. Das Areal wird seit den 30er Jahren als Flugplatz genutzt – zunächst nur von einem Flugzeughersteller, der dort Testflüge durchführte. 1944 beschlagnahmte das Luftfahrtministerium das Gelände. Doch zur angeblich geplanten militärischen Nutzung kam es nicht. Am 1. Januar 1946 flog das erste Passagierflugzeug ab.
訳)ロンドン・ヒースロー空港は、旅客人数で見るとヨーロッパ最大の空港で、また世界で3番目に大きい空港である。昨年はほぼ6800万人の旅客がこの空港を利用し、約47万機の飛行機がここを離着陸した。この飛行場はロンドン西部、中心部から約24キロ離れたBorough of Hillingdonという地区にある。この空港の土地は1930年代から飛行場として利用されてきたが、最初はテスト飛行を行う飛行機製造業者にしか使われなかった。1944年に航空省がこの土地を差し押さえたが、計画されていたと見られる軍事目的に利用されることはなかった。1946年1月1日、最初の旅客機がここを離陸した。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



Comment

CAPTCHA