BZ Lexikon(124) 「イドメネオ」

ドイツでは先週から、ベルリン・ドイツオペラにおけるモーツァルトのオペラ「イドメネオ」の上演の可否が、大きな政治的議論に発展しています。次回この問題を取り上げるつもりです。9月27日の紙面より。
Lexikon: Idomeneo(イドメネオ)
Mozarts Oper „Idomeneo“ treibt den Widerstreit zwischen der Pflicht gegenüber den Göttern und der Treue zu den Menschen auf die Spitze: Idomeneo, König von Kreta, kehrt aus Troja zurück. Sein Schiff strandet, er rettet sich. Als Dank gelobt er dem Meeresgott Poseidon, ihm den ersten Menschen zu opfern, der ihm begegnet – Idamante, sein eigener Sohn. Der König will dem Gebübde entgehen und den Sohn wegschicken. Doch im Hafen erhebt sich ein Ungeheuer, das Schiff kann nicht auslaufen. Idomeneo bietet sich Poseidon als Pfand an. Idamante besiegt das Ungeheuer – nun muss Idomeneo den Sohn opfern. Idamantes Geliebte bietet sich an, Poseidon ist besänftigt, doch Idomeneo muss dem Thron entsagen.
訳)モーツァルトのオペラ「イドメネオ」は、神への義務と頂点に立つ人間への忠誠との間の葛藤を追求している。すなわちこういうことである。クレタ王イドメネオはトロイから帰還する。彼の乗った船は座礁するが、助かる。その感謝として、イドメネオは海神ポセイドンに、(上陸して)出会った最初の人間をいけにえとして捧げることを誓う。それがイドメネオ自身の息子イダマンテだった。王はその誓いから逃れるため、息子を逃がそうとする。しかし、港に怪物が現れ、船は出港できなくなってしまう。イドメネオは担保として自らが犠牲になることをポセイドンに申し出る。イダマンテは怪物を破った。今やイドメネオは息子を捧げなければならない。イダマンテの恋人が自分の犠牲を願い出て、ポセイドンは怒りを静める。しかしイドメネオは王位を捨てなければならなくなった。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



Comment

CAPTCHA