中央駅の鋼材落下事故について

ベルリン中央駅にて(1月19日。Photo: Motoi Masubuchi)
先週、大型暴風雨”Kyrill”がベルリンを通過した際に、ベルリン中央駅のファサード部分の鋼材が2本も落下した事故は、駅の建設に携わった人々だけでなく、一般の利用者にも大きな衝撃をもたらしました。
私の友人で、ベルリン工科大学(TU Berlin)で構造工学を研究している増渕基さんが、暴風雨の翌日、現場に足を運んで撮影した写真を私に送ってくれました。これは大変貴重な写真だと判断し、増渕さんの了承を得て、ここに3枚掲載させてもらうことにしました。まず1枚目の写真ですが、左手のファサードで鋼材が斜めに傾いている部分を確認できるでしょうか。
これがその部分の拡大写真です。
重さ2トンの鋼材が、約40メートルの高さから正面入り口横の階段に落下しました。事故当時まだ約800人が構内にいた中で、死者やけが人が1人も出なかったということは全く幸運だったとしか言いようがありません。中央駅は14時間に渡って閉鎖、その後再開しましたが、日曜日に再び暴風雨の警告が出ると、安全のため再度駅が封鎖されることになり、状況をよく知らされていなかった利用客との間で大混乱が起きました。全く一国の首都の中央駅とは思えない対応と混乱ぶりです。
増渕さんが専門的な見地からのご意見を当ブログに寄せてくださいました。

sponsored link

強風により中央コンコース駅ビルのファザードの構造部材と見られる鋼材が2本落下。上から落ちてきた鋼材が引っかかっただけで下の鋼材がずれているところを見ると、よほど継手の強度が弱かったと見受けられる。稀に見る強い暴風雨だったとは言え、少なくともガラスよりは強度のあるはずの鋼材部分に問題が出たことは、設計もしくは施工に大きな問題があったことを推測させる。このような場合、一箇所だけに問題があったということは稀なので、原因を追究して早急に建物全体の検査をする必要があると思われる。

これまでお伝えしてきたように、この中央駅はワールドカップ開幕に何とか間に合わせるため急ピーチで作業が続けられてきたわけですが、その工程のどこかに無理があったのではないかという気がしてなりません。今回の事故の原因究明と今後の確実な対策を願うばかりです。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



13 Responses

  1. ぷりんつ・あるぶれひと
    ぷりんつ・あるぶれひと at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    死傷者がでなくて、本当によかった・・・
    3段目の写真は本当に、ゾッとします。

    工事現場を見続けてきた??者にとって、悲しい事態です。

  2. Ken
    Ken at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    こんなに大きいものだったんですね。
    新しい建物なのに(だから?)、
    びっくりです。これが日本だったらやんややんやで
    建築、設計した人がつるし上げられるんだろうけど、
    ドイツではどんな報道のされかたなんでしょう??
    おもいだしたら、教えてください。

  3. shinno
    shinno at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    ええ、こんなことがおきていたとは!!
    だから封鎖されてたんですね!
    急ピッチで作られた結果なのか、、、どうなんでしょうね。

  4. janio
    janio at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    こちらもすんごい風だったよ。電車が途中で止まって寒空の下で代行バスを待たされて散々だった! しかし本当にHbfの鋼材落下はやばいね。工事中のクレーン車などには余り近付かないようにしているよ。

  5. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >ぷりんつ・あるぶれひとさん
    3枚目の写真は、見た瞬間本当に凍りつきました。
    いくらすごい暴風雨だったとはいえ、ドイツでこういうことが簡単に起こるとは思いませんでした。最新技術を駆使したはずの駅なんですが。

  6. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >Kenさん
    ドイツ鉄道トップ、設計者、現場工事の監督など責任探しは始まっていますが、新聞をざっと見た限りでは特定の個人が槍玉に上がっているということにはなっていない様子です。事故の原因が確実になったら、状況はまた変わってくるかもしれませんが。

  7. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >shinnoさん
    本当にびっくりですよね。
    今日Sバーンで中央駅を通ったら、駅の前に2台の巨大がクレーン車が立っていました。おそらく鋼材の溶接を強化しているのでしょう。

  8. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >nozomuzさん
    専門的な立場からのご意見どうもありがとうございました。
    しかし、なぜかそのいただいたコメントが消えています。
    nozomuzさんがご自分で消去されたのでないとしたら、原因は不明です。ごく稀にですが、このようなことが起こってしまうようです。もし本当にそうだとしたら、大変申し訳ございません!

  9. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >janioさん
    南ドイツもすごい暴風雨でしたか。
    この夜鉄道で移動した人の中には、列車の中で夜を明かす人もいたり、本当に大変だったようです。とにかくお元気で。またそちらの様子いろいろ聞かせてください。

  10. shinno
    shinno at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    溶接部の強度の基準って、日本とドイツでは違うんですかねぇ。
    詳しくは知らないけど、日本だと、母体以上の強度が必要だって言ってたような。

  11. nozomuz
    nozomuz at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >しかし、なぜかそのいただいたコメントが消えています。
    >nozomuzさんがご自分で消去されたのでないとしたら、

    コメントは私が消去したものです。私の方こそ申し訳ありません。
    今回の原因について気になるあまり、現地や図面も見ずに不正確かもしれない記述を勢い余って書き込んでしまったので、後から削除しました。
    またドイツのマスコミで何か分かったら教えてくださいね。

  12. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >shinnoさん
    今回の事故は溶接に大きな問題があったそうで、今残りの鋼材をチェックしているようです。なんだか不安ですね。日独の基準の違いは、どうなんでしょうね?

  13. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >nozomuzさん
    そういうことでしたか。どうぞお気になさらずに。専門の方だからこそ、意見を言う際には慎重にならざるをえないというのはあるのでしょうね。またお気軽にコメントをいただけたらと思います。

Comment

CAPTCHA