中央駅のいま(4)

昨日は、ハンブルク駅現代美術館(Hamburger Bahnhof – Museum fuer Gegenwart Berlin)で開催中の写真展、Bernd and Hilla Becher による “Typologien industrieller Bauten(工業建造物の類型学)”を観た後(毎週木曜日の14時から18時までは入場無料!この美術館についてはまた別の機会に)、すぐ近くのベルリン中央駅の工事現場に久々に寄ってみた。
上の写真は駅の南側、ツォー駅寄りの様子。
この下をくぐって、北側に抜けてみよう。
これが北側。完成したら、東西南北の線が十字に交差する駅としては、ヨーロッパ最大の規模になるという。
さらに近くに寄ってみる。出口付近の階段の埋め込みも始まった模様。私のデジカメでは接写できないのが残念!
北側のコンコース正面。クレーンの回る音やトンカントンカンとハンマーを打ちつける音がひっきりなしに耳に入ってくる。雨の日も晴れの日も、平日も休日も関係なく、とにかく来年5月の完成に間に合わせるべく奮闘中の現場の方々、本当にご苦労様です。
夜はフィルハーモニー室内楽ホールでのコンサートを聴く。チャイコフスキーの「フィレンツェの思い出」という弦楽六重奏曲がメイン。初めて聴く曲だったが、メロディーの熱い歌い回し、そしてフィナーレの沸き立つようなリズムとテンポに酔った。ヴァイオリニストのサラ・チャンとベルリンフィルのメンバーによる、豊穣なひととき。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



2 Responses

  1. ymzk
    ymzk at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    3,4,5枚目の写真,駅ビルですか?

  2. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    そうです、まさに駅ビルです。DB(ドイツ鉄道)のサイトからこの駅の完成予想図が見られるので、よかったらご覧ください!

    http://www.db.de/site/bahn/de/unternehmen/bahnwelt/
    bauprojekte/bahnhoefe__stellwerke/berlin__hauptbahn
    hof.html

Comment

CAPTCHA