「ダヴォス」 BZ Lexikon(142)

暖冬と言われてきた今年の冬ですが、今週に入り本格的に冷え込んできました。外を見ると、今日は雪がしんしんと降っています。1月24日の紙面より。
Lexikon: Davos(ダヴォス)
Davos im Kanton Graubünden (knapp 11 000 Einwohner) liegt auf 1 560 Metern Höhe und ist damit die höchstgelegene Stadt der Schweiz. Seit 1853 die heilende Wirkung der Höhenluft für Lungenkranke entdeckt wurde, prosperierte der Ort und wurde – nicht zuletzt durch Thomas Manns Roman „Der Zauberberg“, weltbekannt für seine Kuren. Heute spielt der Wintersport eine große Rolle. Die gepflegte Infrastruktur macht Davos als Veranstaltungsort für Kongresse sehr beliebt, vor allem bei Medizinern. Am bekanntesten ist das alljährliche Weltwirtschaftsforum. Von heute an tagen wieder 2 500 Prominente aus Wirtschaft und Politik, darunter 24 Staats- und Regierungschefs.
訳)グラウビュンデン州にあるダヴォス(人口約11万人)は、標高1560メートルの高さに位置し、それゆえスイスで最も高い標高にある都市である。1853年にここの山の空気が肺病を治癒する効果のあることがわかって以来、ダヴォスは繁栄し、とりわけトーマス・マンの小説「魔の山」によって、保養地として世界的に知られるようになった。今日では冬のスポーツも大きな割合を占めている。インフラが整備されたことにより、ダヴォスは会議の開催地として(特に医療関係)非常に好まれるようになった。その中で最も有名なのが、毎年開催される「世界経済フォーラム」である。今日から、経済と政治の分野から著名人2500人が再びこの会議に参加する。その中には24カ国の国家元首と首相も含まれている。
●この前日本に帰った時に仕入れてきた本の中から、シャミッソーの「影をなくした男」(岩波文庫)という小説を読んでいます。シャミッソーはこのブログでも何度か取り上げていますが、私がベルリンに来てから親しみを感じるようになった作家で、代表作を一度は読んでみたいと思っていました。この「影をなくした男」は池内紀さんの訳がすばらしいせいもあると思うんですが、メルヘン調のとても楽しい物語です。小説を読んで、こんなに先が気になるのも久々の体験かも。そういえば、小説を読むこと自体しばらく遠ざかっていました。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



Comment

CAPTCHA