「カレーソーセージをめぐるレーナの物語」

●知り合いの方からお借りして、「カレーソーセージをめぐるレーナの物語」(ウーヴェ・ティム著。浅井晶子訳)という本を読んだ(原題:Die Entdeckung der Currywurst)。ベルリンではおなじみのカレーソーセージ(カリーヴルスト)の誕生にまつわる物語である。カレーソーセージの起源はベルリン説とハンブルク説があるらしいのだが、これは後者に基づくもの。「僕」が聞き手となって、当時80歳を越えたブリュッカー夫人が第2次世界大戦末期のハンブルクを回想する。小説の形式を取っているが、完全なノンフィクションなのかそれとも若干の脚色が混じっているのかその辺はよくわからないけれど、とにかく話としては非常に面白い。「カレー」と「ソーセージ」というよく考えたらかなり異色の組み合わせの食べ物はこのようにして生まれたのかと、私は大いに納得してしまった。
●カレーソーセージのことを何も知らない人がこの本を読んだら、カレーソーセージのことが気になって仕方がなくなるのではないか。終戦直後、ブリュッカー夫人がある男性との思いも込めて生み出したこの食べ物が、本書ではそれほど魅惑的に描かれている。

sponsored link

彼女はフライパンにカレーとその他の香料を混ぜたものをふりかけた。はるかな香りがした。次に彼女はケチャップを加え、最後に軽く焼いたソーセージの輪切りを入れた。そしてできあがったソーセージを小さなアルミの皿に載せて彼に差し出した。彼は木の楊枝に一切れ刺し、濃い赤色のソースにもう一度浸した、するとどうだろう、(中略)彼の舌の上で楽園の門が開かれた。

こうして読むと、今普通にインビスで食べるあのカレーソーセージとは調理法が微妙に(いや大分?)異なるように思われる。ブリュッカー夫人のレシピにはどういうことが書かれていて、どんな味がしたのだろう。
●200ページほどの本だが、カレーソーセージの話になるのはようやく最後の最後になってから。それまでどこか甘美でありながらも重苦しい室内での話がずっと続くので、読み手としてはかなりじらされるのだが、後半は久々に時間が経つのを忘れて読みふけった。終戦直後、物々交換を繰り返して何もないところから物を生み出していく昔の人のアイデアと執念には感動させられる。本物のカレーソーセージはここに描かれているほど魅惑的な食べ物ではないかもしれないけれど、本書を読めばそれまでと一味違った気分でこの食べ物と向き合えることは請け合いだ。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



8 Responses

  1. しゅり
    しゅり at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは、マサトさん。
    この本、偶然にも昨日購入しました!
    なので今回のマサトさんのブログの内容は
    じっと我慢して読んでいません。
    読んでからじっくりこのページを読みますね。

  2. Aya
    Aya at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    私もこの私小説のような小説のファンの一人です。

    ベルリンの名物の秘密を知りたくて手に取った本ですが、80歳のおばあちゃんの告白をそのまま書記したような本で、なかなか核心にせまりませんよね。おばあちゃんのつかの間の恋の話やら、浮気性の夫がどのようにスーツを着こなし、上手に笛を吹いたか、そんなことから日常のこまごまとしたことまで、話は一見横道にそれまくり、やっとカレーソーセージのことを忘れかけた頃に、あれよあれよと秘密が明かさていきます。

    最後にスピードが上がるそのドミノ倒しのような工程が面白いのですが、最後のドミノは、そこにたどり着くまでの幾千のドミノがあってこそ倒れるのだということをおばあちゃんは教えてくれます。人生における大きな成果と同じように、それを生み出したなんでもない幾千の偶然の重なりが実は重要であるのだと。手柄でさえも過ぎてしまえばなんでもないけれど、なんでもない些細なことが過ぎてしまえばこそ、鮮明にいとおしく思い出されるのだと達観したしたような、死期を前にしたおばあちゃんの心情がリアリティーに伝わってきます。

  3. 87年の欧州旅行
    87年の欧州旅行 at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    東ベルリンは商品の看板やポスターがほとんど無く、地味なところでした。夜の十時ごろ列車でギリシャに向かうと、車内で東独人の名前は忘れたが日本語のうまいフンボルト大学の男子学生に出会いました。日本の電機会社の人の通訳をするんだといってましたが、今はどうしているのだろうか?列車がドレスデンに近づいたので、私は小説も映画も見ていた「スローターハウス5」を思い出し聞いてみると、その青年はボネガットの小説は知らなかったが、彼のおばあさんがドレスデンが燃え上がっているのを遠くから目撃したといってました。おお恐ろしい!この文章を書こうと思っていた頃、偶然ボネガットも亡くなってしまいました。元ハリボより。

  4. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >しゅりさん
    >この本、偶然にも昨日購入しました!
    それはすごい偶然ですね。やはり趣味嗜好が似ているとこうなるのでしょうか(笑)。しゅりさんの感想も楽しみにしています。

  5. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >Ayaさん
    Ayaさんのコメントを拝見して、前半のおばあちゃんの独白部分をもう一度読んでみたくなりました。

    >最後のドミノは、そこにたどり着くまでの幾千のドミノがあってこそ
    >倒れるのだということをおばあちゃんは教えてくれます。

    深いコメントです。本当にそうかもしれませんね。おばあちゃんは実際、最後「倒れて」あれを生み出すわけですが(笑)。自然と自分の人生に照らし合わせ、ちょっと励まされる思いのするおばあちゃんとAyaさんからのメッセージでした。

  6. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >元ハリボさん
    「87年の欧州旅行」のお話ありがとうございます。
    恥ずかしながら、ボネガットのことはほとんど何も知りませんでした。
    経歴を見ただけでも大変興味を引かれる作家です。
    あのドレスデン空爆を体験した人がまた一人亡くなったのですね。
    http://www.asahi.com/international/update/0412/
    TKY200704120173.html

  7. Ryoko
    Ryoko at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    この本のことは聞いたことがあるのですが、いまだ読んでいない私です。
    マサトさんの紹介文とayaさんのコメントが素敵ですね。私もぜひカレーソーセージ秘話をじっくり読んでみたい衝動に駆られました。

  8. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >Ryokoさん
    この本のことご存知でしたか?私はAyaさんに教えていただくまで知りませんでした。おすすめです。今度日本に帰られたら、ぜひ手にとって読んでみてくださいね。

Comment

CAPTCHA