変貌するフリードリヒ・シュトラーセ駅周辺 – 壁建設の日に –

Bahnhof Friedrichstraße (1979年)
常設なのか、あるいは一時的なもののかわからないが、現在フリードリヒ・シュトラーセの駅構内に、この界隈の昔の写真がパネルで展示されている。先日駅を通ったらたまたまその写真に気付いたので、ぶらぶら眺めていたのだが、特に印象に残ったのがこの1枚だった。時は1979年、冬の寒い日だろうか。右側には手に荷物を抱えた人々が行列を作っている。一体何のための行列だろう?東から西への検問所、通称「涙の宮殿」の入り口はこの左手だったはずなので、それとは無関係の列のようだが・・・。私が気になったのは、奥に見える素っ気無い建物だ。
この建物のケバブ屋や中華インビスに何度か入ったことはあるが、いつの間にかつぶれていて、ここ数年は廃墟も同然だった。フリードリヒ・シュトラーセ駅の南側が、この数年でほぼ100%リニューアルされたのに対して、北側のこの部分は完全に取り残された形となっていた。7月29日の時点ではまだこのような感じだったが、これでは取り壊されるのも時間の問題だろう。
そんな風に思っていたら、案の定解体工事が始まり、昨日その前を通ったら跡形も無くなくなっていた。
同じ場所から後ろを振り向くと、思わず空を見上げてしまう。新しいビルは一枚の写真に収まり切れない。青の色が剥げ落ち、くたびれた感が目立つ「涙の宮殿」と、なんというコントラストだろうか。
関連記事:
Tränenpalast 2006-08 (1)
Tränenpalast 2006-08 (2)
こちらはSバーンのホームから。
今日はベルリンの壁建設から47年目の記念日。かつて人々が悲しみを共有した検問所のあった駅は、いまその姿を大きく変えようとしている。
関連記事:
フリードリヒ・シュトラーセ駅の「涙の宮殿」 (2006-12-22)

sponsored link



LINEで送る
Pocket



Comment

CAPTCHA