黄昏のオストクロイツ駅

1月の下旬ある夕方、ふと思い立ってオストクロイツ駅に行って来ました。昨年末に久々に訪れたら、駅舎の一部が取り壊されてたりと改造工事が着々と進行しているのを実感し、今のうちに記録に留めておきたいという思いが高まったのです。オストクロイツ駅ほど独特の詩情と味わいを併せ持つ駅は、ベルリンといえども他にほとんどありません。
関連記事:
ベルリン・オストクロイツ駅(2008-05-25)
フリードリヒスハイン散策(2) – 再びオストクロイツ駅へ – (2008-07-03)
Dホームにて。Sバーンは全て最新式に変わったとはいえ、駅の構内の薄暗い雰囲気は戦前の駅を髣髴とさせる何かがある。
ホームの先端まで歩くと屋根のない階段があり、そこから眺めた風景がこれ。今回はその先に行ってみたかった。
人の気配が皆無のホーム。その向こうにはテレビ塔が輝いていた。てっきりもう使われていないホームかと思ったが、その直後にシェーネフェルト空港からのS9の列車がやって来たので、いまだ現役なのだった・・・。
それにしても何と古めかしいホームだろう。
仮設の路線橋より。黄昏時は、蒸気時代の給水塔の存在感が一段と高まるように感じる。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



15 Responses

  1. Ken
    Ken at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    ホームの、屋根を支えるT字型の柱がいいですね。
    タテとヨコの交わる部分のカーブが現代にはない意匠ですね。

  2. noriko-happylog
    noriko-happylog at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは^^
    ほんとにー、ここのホームの古めかしさいいですね。行ったことはないのですが、ベルリンにいけるようなことがあれば訪れてみたいと思いました。が、改装されているのですね。
    大都市ベルリンで見かける荒涼とした、なんだかもの寂しい雰囲気が好きです。

  3. noriko-happylog
    noriko-happylog at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは^^
    ほんとにー、ここのホームの古めかしさいいですね。行ったことはないのですが、ベルリンにいけるようなことがあれば訪れてみたいと思いました。が、改装されているのですね。
    大都市ベルリンで見かける荒涼とした、なんだかもの寂しい雰囲気が好きです。

  4. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    Kenさん
    さすが、見るところが細かいですね!
    ベルリンの古い駅、特に地下鉄駅は、1つ1つ個性が違うので、観察していて面白いです。

  5. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    Kenさん
    さすが、見るところが細かいですね!
    ベルリンの古い駅、特に地下鉄駅は、1つ1つ個性が違うので、観察していて面白いです。

  6. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    noriko-happylogさん
    この駅は刻一刻と変わっているので、古い駅の風景は今後2年ぐらいで見納めになると思います。中央駅みたいになってしまうのが、どうも想像できません。

  7. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    noriko-happylogさん
    この駅は刻一刻と変わっているので、古い駅の風景は今後2年ぐらいで見納めになると思います。中央駅みたいになってしまうのが、どうも想像できません。

  8. la_vera_storia
    la_vera_storia at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    マサトさんの昨年7月3日付けの記事、「フリードリヒスハイン散策(2) – 再びオスト・クロイツ駅へ -」の記事に関連して、もうひとつの小さな「黄昏の風景」をご紹介させて下さい。名前でリンクしたページはマサトさんが、その現存に衝撃を受けられたと書いていられる駅舎が右側に写っています。ところで、この写真に写る人物の左側に写っている「建物」にご注目下さい。Schnellimbissと書かれた看板が見えます。しかし営業しているようには見えません。さて、この「建物」の正面からの写真を探しましたところ、以下のページがありました(2枚のうち上の写真の撮影年代に関しては異見がありそうです)。
    ostxgui.de/2007/10/11/der-schnellimbiss/

  9. la_vera_storia
    la_vera_storia at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    マサトさんの昨年7月3日付けの記事、「フリードリヒスハイン散策(2) – 再びオスト・クロイツ駅へ -」の記事に関連して、もうひとつの小さな「黄昏の風景」をご紹介させて下さい。名前でリンクしたページはマサトさんが、その現存に衝撃を受けられたと書いていられる駅舎が右側に写っています。ところで、この写真に写る人物の左側に写っている「建物」にご注目下さい。Schnellimbissと書かれた看板が見えます。しかし営業しているようには見えません。さて、この「建物」の正面からの写真を探しましたところ、以下のページがありました(2枚のうち上の写真の撮影年代に関しては異見がありそうです)。
    ostxgui.de/2007/10/11/der-schnellimbiss/

  10. la_vera_storia
    la_vera_storia at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    この「建物」でFrisörが営業していた時期もあることがコメントされています。さて、その写真も探してみました。名前でリンクしたページをご参照下さい。例のOstkreuzのブログにも写っていますね。
    ostxgui.de/2005/12/21/herrenfriseur/
    この「建物」がいつからいつまで、それぞれSchnellimbissやFrisörとして営業していたかは明確には特定困難です。しかし私が勝手に想像する限り、ひょっとしてこの小さなFrisörは、ここに近接した場所にある下のページの「出店」ではなかったでしょうか....。
    http://www.qype.com/place/16209-Friseur-Haarstation-Ostkreuz-Inh-Kloetzner-Kerstin-Berlin
    ともかくSバーンの走行音を背景にこの小さな「建物」の中で交わされた会話、それはこの駅を利用していた人の日常の他愛のない会話だったでしょう。しかしこの小さな場所も今では「黄昏」が忍び寄っていることを痛感します。

  11. la_vera_storia
    la_vera_storia at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    この「建物」でFrisörが営業していた時期もあることがコメントされています。さて、その写真も探してみました。名前でリンクしたページをご参照下さい。例のOstkreuzのブログにも写っていますね。
    ostxgui.de/2005/12/21/herrenfriseur/
    この「建物」がいつからいつまで、それぞれSchnellimbissやFrisörとして営業していたかは明確には特定困難です。しかし私が勝手に想像する限り、ひょっとしてこの小さなFrisörは、ここに近接した場所にある下のページの「出店」ではなかったでしょうか....。
    http://www.qype.com/place/16209-Friseur-Haarstation-Ostkreuz-Inh-Kloetzner-Kerstin-Berlin
    ともかくSバーンの走行音を背景にこの小さな「建物」の中で交わされた会話、それはこの駅を利用していた人の日常の他愛のない会話だったでしょう。しかしこの小さな場所も今では「黄昏」が忍び寄っていることを痛感します。

  12. la_vera_storia
    la_vera_storia at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    ある一つのすばらしいブログのカテゴリーが、余韻を残しつつ更新の終了を告げました(名前でリンク)。 終了したのはOstkreuzのカテゴリーとしてのOstkreuz Guide、そして引き継がれたのはLostkreuzの写真です。
    lostkreuz.de/
    Ostkreuz駅の話題も最終章の段階に入ったように思います。着々と、この情緒ある駅の光景が我々の記憶の中だけに留まる時が到来したようです。

    マサトさん、もし新Ostkreuz駅の建設過程を記事にする御予定がありましたら、前のコメントのSchnellimbiss/Frisörの運命も同時にも見守っていただければ幸いです。

    またしばらく時間を置きたいと思います。よろしくお願いいたします。

  13. la_vera_storia
    la_vera_storia at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    ある一つのすばらしいブログのカテゴリーが、余韻を残しつつ更新の終了を告げました(名前でリンク)。 終了したのはOstkreuzのカテゴリーとしてのOstkreuz Guide、そして引き継がれたのはLostkreuzの写真です。
    lostkreuz.de/
    Ostkreuz駅の話題も最終章の段階に入ったように思います。着々と、この情緒ある駅の光景が我々の記憶の中だけに留まる時が到来したようです。

    マサトさん、もし新Ostkreuz駅の建設過程を記事にする御予定がありましたら、前のコメントのSchnellimbiss/Frisörの運命も同時にも見守っていただければ幸いです。

    またしばらく時間を置きたいと思います。よろしくお願いいたします。

  14. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    la_vera_storiaさん
    オストクロイツ駅のSchnellimbissをめぐるお話、大変感慨深く読ませていただきました。12月に訪れたら、あの駅舎はきれいになくなっていましたが、古ぼけたインビスの廃墟は現時点ではまだ残っているようです。la_vera_storiaさんのお話を読んで、あのインビスが歩んで来たであろうささやかな物語性に愛着を感じてしまいました。いつも意外な視点に気付かせていただき、ありがとうございます。またのお越しをお待ちしています。

  15. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    la_vera_storiaさん
    オストクロイツ駅のSchnellimbissをめぐるお話、大変感慨深く読ませていただきました。12月に訪れたら、あの駅舎はきれいになくなっていましたが、古ぼけたインビスの廃墟は現時点ではまだ残っているようです。la_vera_storiaさんのお話を読んで、あのインビスが歩んで来たであろうささやかな物語性に愛着を感じてしまいました。いつも意外な視点に気付かせていただき、ありがとうございます。またのお越しをお待ちしています。

Comment

CAPTCHA