東京大パノラマ!

満開の桜の写真をよく見かけるこの頃、ちょうど1年前の日本滞在が少し懐かしくなって、今日はこんな写真を取り出してみました。東京増上寺の桜は去年ご紹介しましたが、この後上った東京タワーのことはまだ書いていませんでしたね。
関連記事:
サクラサク (2008-03-27)
ベルリンのパノラマはもう何度も紹介しているので、それとの比較という意味も兼ねて、今回は幼稚園生の時以来上った東京タワーからの眺めをどうぞ。といっても、東京は建物の数が多過ぎて、ちょっと見ただけではごく大雑把なことしかわかりません(この時もらったパンフレットを見ながらこれを書いています^^;)。こちらは北側で、左端が六本木ヒルズ。ちょっと緑がかった巨大ビルが「泉ガーデンタワー」とかで、写真中ほどの奥に新宿の副都心が望めますね。
こちらは西側。高層ビルこそ少ないものの、1点の隙間もないほどびっしりと建物が立ち並ぶ様は壮観です。左側の緑が見えるあたりは慶応大学(高校の時、学園祭を見に行って以来行っていないなあ^^;)。天気がよければ、写真の右方向に富士山が望めるみたいです。
南側の増上寺周辺。古くからの寺や緑が見えると、少しほっとしますね。その右上に目を凝らすと・・・
レインボーブリッジ!奥にはお台場方面。「ゆりかもめ」からの車窓は大好きです(笑)。
最後に東側へ。汐留エリアの激変ぶりがよくわかります。中央奥の緑は浜離宮。
実は昨日、フランス人の知人(アルザス地方出身)に会った時、「2年前、初めて東京に行った際、都庁の展望台に上ったんだけど、見えるものがコンクリートばかりだったのでびっくりした」と言っていたので、本当にそうなのかと東京の風景を見返してみたくなったのでした。こうして見ると、緑も混じっているものの、割合としては確かに少ないですねえ。
よかったらベルリンと比べてみてください。これはある意味極端な例ですが・・・。
天使の降りた場所(4) – 戦勝記念塔 – (2006-09-09)

sponsored link



LINEで送る
Pocket



Comment

CAPTCHA