TBSの「THE 世界遺産」 – ベルリンの近代集合住宅群 –

ネットでたまたま見つけた情報なのですが、本日24日の18時よりTBSの「THE 世界遺産」で、ベルリンの近代集合住宅群が紹介されるようです。ちょうど今この時代(1920年代)についていろいろ調べていたこともあって、個人的にもとても興味があります(以下、番組のHPより)。
TBS 5月24日(日)/BS-TBS 5月30日(土)
ベルリンの近代集合住宅群(ドイツ)

ユートピアめざした共同住宅
20世紀はじめ、アメリカに次ぎ、世界第2位の工業国へと躍進したドイツ。
首都ベルリンでは増えつづける人口に対し、住宅不足が深刻な問題となっていました。その頃、建築家ブルーノ・タウトは、鉄やガラスを使ったパビリオンを博覧会に発表、注目されていました。そんな彼に、集合住宅の設計依頼が舞い込んだのです。ベルリンの集合住宅建設には、前衛的な建築家が多く加わりました。しかし、勤労者のための集合住宅は、建設費用を抑えるため、画一的にならざるをえない宿命を抱えていました。そこでタウトは、色彩を多用することで、コストをかけず、同じつくりの家に個性をもたせたのです。ブルーノ・タウトは、現代に繋がるモダンな住まいへの扉を、開きました。目指したのは、勤労者の為のユートピア。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



3 Responses

  1. 第三市民
    第三市民 at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
     ここに地図があります。

      (表示できるかな?)

     馬蹄型なんて知りませんでした。
     大きな道路に面して、ものすごく長いアパートがありましたね。

  2. akberlin
    akberlin at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    ベルリンにはあまり知られていないように思うのですが
    ル・コルビュジェのマルセイユと同じようなユニテ・アビタシオン
    と呼ばれる集合住宅がオリンピア・シュターディオンの
    すぐ近くにあります。これもこの住宅コンペの一環で
    建てられたものだと聞いています。
    一時は旅行者向けに一部の部屋を貸してくれていたのですが、
    住人とのトラブルになったことがあったらしく、今は泊まれなく
    なってしまったようです。

    実は二度、ベルリンから引っ越してから再びベルリンを
    訪れた際に滞在しました。上の階からの眺めは最高でした。

  3. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    第三市民さん
    地図は残念ながら表示できませんでしたが、わざわざありがとうございます。あの馬蹄形は空から見たらすごい迫力でしょうね。

    akberlinさん
    お久しぶりです。先日久々にブログにお邪魔したら、びっくりしましたよ!まさか沖縄に越されていたなんて・・・。新タイトルもナイスです。これからもよろしくお願いします。

    オリンピックスタジアムの近くにコルビジェのアパートがあるんですか。そういうアパートはなかなか中に入れる機会はないので、件のトラブルは残念です。有名建築家が建てたアパートといえば、ハンザ地区がありますね。Sバーンの車窓からも見えますが、そこまで魅力的な建築なのか、僕にはいまひとつわかりません。またブログにお邪魔しますね。

Comment

CAPTCHA