祝U55開業@ブランデンブルク門駅

久々に仕事の締め切りが何もない今週末、気分も晴れやかに向った先はブランデンブルク門前でした。今日は、長年工事中だった地下鉄U55の記念すべき開業日。初日は誰でも乗車無料ということもあって、早速行ってきたのでした。このU55とは何かということについては、数年前に日本の友人たちに向けて書いたメールが出てきたので、以下に引用します。

数日前、現在建設中の地下鉄55番線(U-55)の3つある駅のうち、ブランデンブルク門前の、未だ手付かずだった最後の駅の工事が始まったという記事が新聞に載っていたので、早速現場に足を運んでみました。U-55は、現在急ピッチで建設が進んでいるベルリン中央駅から連邦議事堂前を通って、ブランデンブルク門前のパリ広場を結ぶわずか1,8キロのミニ路線。ただ、ここで終わりなのではなく、将来的にはウンター・デン・リンデンの地下をくぐって、アレクサンダー広場まで延長される予定です。
今建設中のこの辺りは、以前壁が近かったところで、戦後ほとんど放置されたままになっていた地帯。工事現場前の案内板によると、この地下鉄建設の案自体は20世紀の初頭から既にあったそうなのですが、2度の戦争、そして東西を分ける壁が着工を阻み続け、世紀を超えてようやく実現の見通しが付いたというわけなのです。ちなみにこの路線、首相(Kanzler)官邸前を通ることから、別名はKanzler-Linie。中央駅からパリ広場までは2006年ワールドカップが始まる直前までには何とか完成させるつもりで、そのため、例年ブランデンブルク門前で開催されるジルベスター(大晦日)のパーティーも、今年は休まず工事を続けるために中止が決まった、なんていう話も読みました。

sponsored link

上のメールを書いたのは2004年7月24日なので、あれから早5年。ワールドカップどころか、2009年になってようやく開通に至った大きな理由は、工事の難しさにあったようです。思わぬところから地下水で出てきたりして、計画プランの変更を再三余儀なくされました。世界一難しいトンネル工事などと呼ばれていたほどです。
パリ広場前からウンター・デン・リンデンにかけての柵も取り払われ、ようやく通りがすっきりしました。
BVGのスタンドで最新の路線図やU55のマークが入ったプレイモービル人形をもらい、いざ地下へ。駅名が「ブランデンブルク門」だけあって、さすがに立派という印象です。面白いのは、写真の上の辺りにベルリンの壁についての展示があったこと。そして階段を下りていくと、ブラントやゴルバチョフ、ホーネッカーといった人たちの壁に関する発言がプレートに掲げられていることに気が付きます。ブランデンブルク門の真下に地下鉄駅があるのはどういうことなのか、その歴史的な意義まで実感できる構成はさすがと思いました。
ベルリンの他の地下鉄に比べて、地下の大分深いところに駅があります。ホームの壁にはブランデンブルク門の歴史についてのパネルが展示され、ホームの上にはいくつもテレビがあり、ベルリンの壁の様子をリアルに再現した3D映像が流れています。
しばらく待っていると、真新しい電車が現れました。これに乗って、中央駅まで行ってみることにしましょう。
(つづく)

sponsored link



LINEで送る
Pocket



10 Responses

  1. キートス
    キートス at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    そのうち乗る機会があると良いな、と思いました。ドイツ一短い地下鉄線らしいですが、10年後(?)にAlexanderplatzでU5とつなぐと重要な路線になりますね。ちなみに途中の駅の一つはベルリン王宮のところに出来ます。駅名を巡ってベルリーナー達は熱く議論すると予想されます。例えばSpreeinselかHumboldt ForumかSchlossplatzかMuseumsinselか・・・ところでいつの間にかSバーンの"Unter den Linden"駅が消えてしまったことに気づきました?地下鉄への乗換えが出来るようになったためU55と同じく"Brandenburger Tor"という駅名に変更されました。更にややこしくなりますが、将来U55がU5とつなぐと、Unter den Linden / Franzoesische Strasseの角に新たに"Unter den Linden"駅が完成されます(U6と乗り換え)。
    ちなみにU55の車両は約30年前のタイプです(内装はリフォームされたようですね)。U55は4両編成で運行していますが、現在最新の車種は6両編成であり切り離した状態では走らないので仕方なく古い車両を使っているそうです。ベルリンの地下鉄で次に使用されなくなるのはこの古いタイプなので、U55/U5が連結する日がこの車両の寿命ですね。

  2. 鮭
    at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    やっと出来上がったんですね!
    あのUnter den Lindenの工事はいつになったら終わるのかと、恨めしく思っていましたが(笑)
    はやくすっきりしブランデンブルク門前に行きたいですね。

  3. Jens
    Jens at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    ご無沙汰しております(もう忘れられてるかも知れませんが問題ありません、笑)。もう2年ほどベルリンへ行っておらずかなり遠のいてますが、年内には行く予定です。壁崩壊20周年記念(?)に合わせて行こうかと計画中です。いつもマサト氏のブログで日々変わるベルリンを追いかけてましたが、ブランデンブルク駅もとうとうオープンですか!宮殿跡やら、今度のベルリン訪問はこの目で見たい物だらけで忙しくなりそうです。

  4. 第三市民
    第三市民 at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    ≫ まさとさん

     お誕生日おめでとうございます。

     遥かに遠くなってしまった愛するベルリンの現在や過去を、綺麗な写真と共に生き生きと描いて頂きありがとうございます。
     ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

  5. la_vera_storia
    la_vera_storia at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    マサトさん

    お久しぶりになります。重要なお仕事を完成された安堵の御様子とお察し申し上げます。私も春より多忙でしたが、ようやく若干の時間もとれそうな状態ですので近々ベルリンへ行き仕事抜きで、ややまとまった日数滞在の予定です。個人的な調査も大きな目的の一つです。

    相当に凝ったハードな旅となる予定です。私の手元に残された多数のモノクロ写真、それは分断時代に東側で撮影されたものですが、そのうち約10枚ほどが東ベルリンの街中のどこで撮影されたのか、写っている複数の人物は誰なのかが現在まで不明です。それを突き止めるべく貴地にて、私自身のありとあらゆる知識と経験を総動員する覚悟です。

    最近のベルリンの変貌しつつある変化の軌跡を、私の記憶の底にある分断時代の過去のベルリンの姿と重ね合わせつつ、自分自身の心の軌跡を探る旅といたしたいと願っています。

  6. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    キートスさん
    先日はいろいろどうも!U55についてたくさん教えてくださり、ありがとうございます。Sバーンまで"Brandenburger Tor"駅に変わっていたのにはびっくりしました。あの地下ホームの"Unter den Linden"のプレートは歴史を感じさせるもので、とても好きなのですが、あれまで消えてしまうとしたら残念です。

    あの30年前の車両はF79というタイプだそうですが、昨日の新聞の見出しは"Applaus für die F79"でした(笑)。

    鮭さん
    本当にようやくあの広場がすっきりしました。もっとも、あと数年したらまた新たな工事が始まるのでしょうが・・・

    Jensさん
    何度かコメントをいただいたことはもちろん覚えていますよ。お久しぶりです。2年いらしていないと、確かにたくさんの変化に気付かれると思います。どうぞ楽しんできてください。

  7. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    第三市民さん
    うれしいメッセージをありがとうございます。
    昔ベルリンに住んでいらした方が、いまの姿と重ね合わせて見てくださっているかと思うと、励みになります。これからもどうぞよろしくお願いします。

    la_vera_storiaさん
    当ブログのおなじみの方に戻って来ていただき、うれしく思います。ようやく少し気分的にも余裕が持てるようになりましたので、ブログも少しずつ再開していきたいです。今後ともよろしくお願いします。

    la_vera_storiaさんのベルリン滞在、確かにハードとはいえ、相当スリリングなものとなりそうですね。もしお時間ありましたらお気軽にご連絡ください。どういう成果があるのか、楽しみにしています。

  8. キートス
    キートス at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    はっはは!厳密に言うとF79.1ですがね。僕にとって幼い頃からの「あし」でしたよ。進行中ガタガタするドア、「シュー」って空圧で開閉するドア(最新のタイプは電動)など、永遠と記憶に残る思い出です。F74~F79は、僕のブルートレインです。

  9. HIDAMARI
    HIDAMARI at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    劇的だったなと感じたのは1998年の11月のベルリンと、1999年9月のベルリンの変貌ぶりでした。一介の旅行者であってもその変化は凄かった。壁の崩壊から20年、こういうベルリンの変化を直に見てみたいなあと思っていますが、ベルリンには5年もごぶさたです。

  10. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    HIDAMARIさん
    お返事がすっかり遅くなりました。
    99年の壁崩壊10周年の時はまだ大学生でしたが、あれからもう10年近く経つのかと思うと不思議な感慨にとらわれます。まさかこの町とこんなに長く深く関わることになろうとは・・・ぜひまたいらしてください。

Comment

CAPTCHA