カント通りのCAMERA WORK

先日、ツォー駅から徒歩10分弱、カント通りにある写真専門のギャラリー「カメラワーク」に行ってきました。その存在は前から知っていましたが、訪れるのは実は初めて。大通りに面した小さなギャラリーだろうと思って行ってみたら、実際は全然違いました。
149番地のドアを開けて中に入り、中庭を1つ越え、さらに先に進むと大きな木が3本立つ広々としたホーフに突き当たりました。その向こうに、昔の工業用ホールを改造したようなカメラワークの建物がどんと構えています。すぐ裏はSバーンの高架線。それにしても、こんなに大きいギャラリーだったとは!
展示内容もボリュームも、期待を裏切らないものでした。カメラワークは1997年に生まれたギャラリーで、世界的に著名な作家のみならず、若手の作品も多く紹介しています。この日は、写真家の友達曰く「ドイツの若手写真家の中ではナンバーワン」という存在のアンドレアス・ミューエ(Andreas Mühe)の個展をやっていました。彼は、あの俳優ウルリヒ・ミューエの息子。まだ30歳そこそこですが、メルケル首相の書斎やポートレート、さらに昨年11月の壁崩壊20周年の際、ブッシュ父、ゴルバチョフ、昨日80歳になったコールの3人を収めた大判の写真などを見ても、若くして重要な仕事を任されているのがわかりました。作品は基本的に、ライティングされた演出写真なのですが、彼の父親の家を収めた写真だけは、ライティングすることなくストレートに撮ったものだと後で友達から教えてもらいました。その写真、もう一度じっくり見てみたいです。
CAMERA WORK AG
Kantstraße 149
10623 Berlin
Tel.: +49 30 31 00 77 – 6
Fax: +49 30 31 00 77 80
Opening hours
Tuesday to Saturday
11 a.m. to 6 p.m.
Admission free.

sponsored link



LINEで送る
Pocket



7 Responses

  1. Ken
    Ken at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    ほーう、こんな面白そうなギャラリーが無料なんですね。素晴らしい。
    ウルリヒさんの家の写し方がそうなのは最近なくなったことと関係あるのかなあ。
    いずれにしても見てみたいです。

  2. MadameEarlGray
    MadameEarlGray at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    ベルリンから東京に戻りました。東京は花冷えでお花見もままならず・・な感じです。
    で、中村さんのTwitterの方をちょっと覗いたのですが、【素顔のベルリン】に掲載されている店がなくなってる!って、あのチョコレート屋さんですよね。実は私も行ってみたら【Petit Bateau】になっていてビックリしました。で、私、中村さんの本を信じていないという訳では決してないのですが、お店ってよくなくなったり移転したりするから、当日の朝、しっかりあの店のホームページもチェックして行ったんですよぉ。そしてホームページにはバッチリあの店の住所も入っていたのです。・・・なのに・・・。撤退したらHPからも削除しておいて貰いたかったです(涙)。もう1店舗あるようですが、訪ねた時間自体、既に閉店ぎりぎりだったので今回は諦めました。私もずいぶん長いこと出版社で雑誌の編集をしていたので、海外のショップ取材なども多々経験あり。散々いろんな目に遭っております。難しいですよね〜。「あと何年くらいここで商売続けますか?」なんて聞けないし・・。

  3. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    Kenさん
    本当に入場料を取ってもおかしくないぐらいの展示内容でした。
    > ウルリヒさんの家の写し方がそうなのは
    実の父に縁のある場所を写すにあたっては、余計な「演出」をする必要などなかった、ということなのかもしれませんね。

  4. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    MadameEarlGrayさん
    おかえりなさい。無事日本に戻られたようで何よりです。
    > 実は私も行ってみたら【Petit Bateau】になっていて
    > ビックリしました。
    P47のチョコレート屋さんのことでいろいろご指摘いただき、ありがとうございます。ご足労おかけしました。
    私もHPをあれから覗いてみたのですが、確かに店の情報がそのままなのですよね。まったくいい加減というか・・・近々問い合わせてみるつもりです。

    > 散々いろんな目に遭っております。難しいですよね〜。
    > 「あと何年くらいここで商売続けますか?」なんて
    > 聞けないし・・。
    まったくそうですよねえ。旬の情報を扱うガイドブックゆえ、仕方ない面はありますが、今回のことは教訓にしたいと思います。

  5. MAYU
    MAYU at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    カント通り! 初めてベルリンに行った時、
    カント通りにあるペンションに泊まりました。
    1996年のことなので、残念ながら、「カメラワーク」はまだなかったのですね。

  6. akberlin
    akberlin at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    ベルギーの作家、ジャン=フィリップ・トゥーサンに「テレヴィジョン」
    という作品があります。ベルリンが舞台ですが、カントシュトラーセが
    出てきます。作家自身が実際にベルリンに滞在したことがあるよう
    なのですが彼の滞在は西ベルリンが中心だったようです。

    ここ数年、最先端のカッコイイ地区は東側のアレックス周辺から
    北上したあたりが中心ですが、ヴィム・ヴェンダースの「ベルリン・
    天使の詩」の頃といい、「ちょっと前」まで西側は明らかにもっと栄えて
    いましたね。

  7. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    Mayuさん
    そうですね。カメラワークはもっと早く知っておくべきだったと思います。

    akberlinさん
    興味深い作家のご紹介ありがとうございます。「ベルリン10時57分」という映画も作っているのですね。ぜひ見てみたいと思いました。

Comment

CAPTCHA