ベルリン300年の知の歩み

リヒトホーフに置かれている、書庫を模した巨大インスタレーション
Regalinstallation im Lichthof Foto: © Roman März

2010年、ベルリンは「学術年」(Wissenschaftsjahr)を祝っています。というのも、今年から来年にかけて、ベルリンの歴史ある学術機関が軒並み記念の年を迎えるからです。例えば、国立図書館の創設350周年、欧州最大の大学病院「シャリテ」は300周年、フンボルト大学と自然史博物館が200周年、マックス・プランク協会とベルリン植物園が100周年といった具合です。現在、ベルリンは200以上の研究機関、約20万人もの学生や研究者を抱えていると言いますから、この記念年の副題通り「知の首都」と呼ぶことができるでしょう。
少し前までポツダム広場に設置されていた「ベルリン学術年」のインフォボックス。ドイツ語で「学問」を意味する“Wissenschaft”の頭文字Wがシンボルマーク
先日、この学術年のハイライトを飾る展覧会、マルティン・グロピウス・バウで開催中の「WeltWissen(世界を知る)」に足を運んできました。
まず、吹き抜けホールの書庫を模した巨大なインスタレーションに目を奪われます。それぞれの棚にはベルリン生まれの展示品が置かれ、解説付きの望遠鏡で覗き込むという仕組みです。そこからは、1710年から現在に至るまでのベルリンにおける学術の歩みを年代別に展示した部屋が続きます。例えば、200年以上も昔のものとは思えない生々しい動物のホルマリン漬け、哲学者ヘーゲルがフンボルト大学での講義のためにしたためた原稿、物理学者ヴェルナー・フォン・ジーメンスが制作した炭素アーク灯など、多くがその実物と共に展示されているので、誰でも楽しめると思います(説明はすべて独英表記)。
私が特に感動したのは、最後の部屋に置かれていたベートーヴェンの第9交響曲の2冊の直筆の総譜。なぜ2冊あるのかというと、第2次世界大戦の末期、もともと何巻かに分かれていた直筆譜が東西に散らばってしまい、1997年に全巻が再びベルリン国立図書館に収蔵されるまで、56年もの歳月を待たなければならなかったためです。まさに、「ベルリンの壁」崩壊以降の展示室に置かれるにふさわしい至宝でした。
これで終わりかと思いきや、「知への道」と題したもう半分の展示が残っていました。こちらはテーマ別に部屋が分けられ、展示の仕方にもさらに工夫が凝らされていて面白かったです。例えば、「計算」という部屋ではコンラート・ツーゼによる世界最初のコンピューターが、「旅」という部屋では探検家アレクサンダー・フォン・フンボルトの世界旅行の軌跡が示されます。また、アインシュタイン、哲学者ライプニッツやベンヤミン、建築家のシャロウンらが独自の理論や建築を生み出す元となった草稿やスケッチを展示する部屋もあり、天才たちの思考と想像の現場に居合わせたかのようで、いくら眺めていても飽きることがありませんでした。同展は来年1月9日まで開催されています。www.weltwissen-berlin.de
ドイツニュースダイジェスト 11月12日)
追記:
初めて生で見たベートーヴェンの第9のスコア。1つは1楽章(?)、もう1つは4楽章のコーダのページがめくられており、音楽が目の前に立ち上がってくるかのようで、気持ちが高ぶりました。意外に周りのドイツ人は淡々としていて、ゆっくり眺めることができたのもよかったです。その隣の部屋の、ライプニッツやヴァルター・ベンヤミンの過剰なまでに細かい字でぎっしり書かれた思考の軌跡、アインシュタインの相対性理論の草稿や、シャロウンによるフィルハーモニーのスケッチなど、ここだけでも訪れる価値はあると思いました。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



4 Responses

  1. hijiki-fugue50146
    hijiki-fugue50146 at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして。伊豆に住む看護師です。
    北川森央さん繋がりで
    僭越ながらリンクを結ばせていただきました。
    お写真きれいです、曇りの日をお選びなのですか?
    ブログに伺ったらベートーベンの譜面
    とても嬉しくなりました。
    28日は森央さんの所属するオーケストラが
    下田市でベートーベンの交響曲2番を演奏。
    今からそれが楽しみです。
    これからもよろしくお願いします。

  2. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    hijiki-fugueさん
    はじめまして、コメントありがとうございます。
    ブログ拝見しました。伊豆にお住まいとは、少し憧れてしまいます。ポツダム広場の写真の天気はたまたまです。やはり曇りの日が多いですから。

    これからもどうぞよろしくお願いします。森央さんのフルート、いつかぜひ生で聞いてみたいです。こちらからもリンク貼らせていただきました。

  3. HIDAMARI
    HIDAMARI at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは、ごぶさたしています。先週からブログ話として、1998年冬のベルリン初訪問について書き始めました。

    写真掲載されたポツダム広場駅など影も形もなく、少し奥にインフォボックスが建っていて、寒々しい当時の風景を思い出しています。

    初フィルハーモニーは、アバド&ベルリンフィルによる『トリスタンとイゾルデ』演奏会形式で、ベルリン国立歌劇場『ニーベルングの指環』通しと続いていきます。

    そちらも、もうまもなく待降節ですね。お体ご自愛ください。

  4. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    HIDAMARIさん
    ご無沙汰していますが、いつもブログは拝読しています。コメントありがとうございました。ベルリン初訪問は僕も98年だったので、当時のポツダム広場のことはよく覚えています。あの時の「トリスタン」は大盛況で、確か隣の小ホールで生中継しましたよね。いまやベルリン・フィルの全公演がネットで鑑賞できるわけですから、時代は変わったものです。

Comment

CAPTCHA