日独の大空襲の記憶を伝える

日独の大空襲の記憶を伝える

第2次世界大戦中、多くのユダヤ人が強制輸送されたベルリン・グルーネヴァルト駅17番線ホームで犠牲者に思いを寄せる二瓶治代さん 2月半ば、第2次世界大戦末期の東京大空襲など日本の空襲体験者がドレスデン、ベルリン、ハンブルク…

2011年夏、関西への旅

2011年夏、関西への旅

今年のことをあれこれ振り返りたいなと思いつつ、あっという間にこんな時期になってしまいました。まずは、この夏の思い出として、6〜7月に一時帰国した際関西を旅した時のことを書いてみたくなりました。7月のある日、東海道新幹線で…

ドイツの演劇人から東北の演劇人へ

ドイツの演劇人から東北の演劇人へ

被災地を巡る「夢トラック劇場」の上演から © ARC>T    東日本大震災が世界を揺るがした2011年も終わろうとしています。ベルリンでも多数のチャリティー活動が行われましたが、今回はおそらくまだあまり知られていない、…

清水陽一さんインタビュー - 北斎展への夢 -

清水陽一さんインタビュー – 北斎展への夢 –

8月26日から10月24日まで、日独交流150周年の1つのハイライトとも言うべき、北斎展(Hokusai – Retrospektive)がベルリンのマルティン・グロピウス・バウで開催される。計441作品とい…

「ひとりの犠牲者、沈黙を破る」-ヒロシマ原爆の日に-(Tagesspiegel紙より)

「ひとりの犠牲者、沈黙を破る」-ヒロシマ原爆の日に-(Tagesspiegel紙より)

外林秀人さん(2010年8月) ヒロシマ原爆の日に、昨年翻訳したドイツの新聞記事をアップしたいと思います。これまで何度かご紹介してきたベルリン在住の科学者にしてヒロシマの被爆者、外林秀人さん。原爆投下から65年経った昨年…

夏祭りの思い出&ベルリンに戻りました

夏祭りの思い出&ベルリンに戻りました

日本での最後の日、子供の頃住んでいた街の知人の家を久々に訪ねました。横須賀の野比という海に近い街。昔から知っているおじさんやおばあちゃん、幼なじみらと久々に話していたら、今日ちょうど夏祭りの日だということを教えてもらいま…

講演会が終わりました

講演会が終わりました

梅雨が明けた三浦海岸にて(7月10日) 先週土曜日、横須賀三浦教育会館での私の講演会「『ベルリンの壁』とは何だったのか?」が無事終わりました。 今回の講演会は、私が中学1年生の時、地理の授業を教わった山田研一先生(私に東…