ウンター・デン・リンデンのクリスマス

今回はクリスマスが近づくウンター・デン・リンデンの通りの様子を、写真中心でお送りします。全て昨日(12日)撮ってきたものです。これはブランデンブルク門前のもみの木。
ホテル・アドロン前はさすがの格式。クリスマスの時期は、一泊いくらぐらいするのでしょうね。
このブログでも何度か紹介している、ホテル・アドロン前の地下鉄55番線の工事現場。この巨大なクレーンの中ほどに、赤と白の「あの人」が見えませんか?ついでに言うと、その上に緑色の小さなツリーも灯っています。
これ以上クローズアップできないのが残念ですが、工事現場のサンタさん。なかなか遊び心が効いています。
それでは、昨日の日没の様子を時間の流れに沿ってご覧ください。これは15時46分に撮ったもの。
16時11分。ブランデンブルク方面を望む。左側はロシア大使館。不思議と美しい夕暮れでした。
16時16分。
18時29分。太陽が沈むと、菩提樹の木にイルミネーションが灯されます。寒いながらも、とても華やかな今のベルリンです。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



Comment

CAPTCHA