BZ Lexikon(57) 「奴隷制度記念日」

1月31日の紙面より。
Lexikon: Sklaverei-Gedenktag(奴隷制度記念日)
Als Gedenktag für die Opfer der Sklaverei wird Frankreich künftig den 10. Mai begehen. Das gab Präsident Jacques Chirac gestern bekannt. Ein Komitee hatte den 10. Mai vorgeschlagen, weil an diesem Tag im Jahr 2001 das Parlament ein Gesetz verabschiedet hatte, das Sklaverei als “Verbrechen gegen die Menschlichkeit” brandmarkt. Frankreich hatte die Sklaverei 1948 definitiv abgeschafft. Zwar wurde ihre Abschaffung bereits 1794 beschlossen. Napoleon führte die Sklaverei aber 1802 wieder ein.
(メモ)
brandmarken: 公然と非難する。
訳)フランスは、これから毎年5月10日を奴隷制度の犠牲者のための記念日として祝うことになる。大統領ジャック・シラクは昨日このことを公表した。2001年の5月10日、フランス議会は奴隷制度を「人間性に反する犯罪」と非難する法律を可決したため、委員会はこの日を提案していた。フランスは1948年に奴隷制度を最終的に廃止していた。確かに、奴隷制度の廃止は1794年にすでに決議されたが、1802年ナポレオンがこの制度を再び導入したのだった。
(ひとこと)
昨年のフランス移民による暴動の影響も大きいのでしょう。今年からこの日は休日になるようです。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



Comment

CAPTCHA