アパートの隣人のバースデーパーティー

去年の秋に知り合って以来このブログでも何回かご紹介してきた、私のアパートの隣人ヨアンナ(Joanna)が、今度はバースデーパーティーに招待してくれた(以前の記事はこちらこちら)。
パーティーは先週末、彼女がバイトしているクロイツベルクのSolunaというパン屋を貸し切って行われた(Solunaは材料から製法まで全て自家製という、とってもおいしいパン屋さんです)。
前にもお話したことがあるが、ヨアンナはドイツ人だが母親がポーランド人というハーフの女性だ。大学ではフランス語の教師になるための勉強をしていて、フランス語と英語もぺらぺら。日本にも興味を持っている。彼女のそんなオープンな人柄ゆえ、その夜は年齢も国籍も様々な人が集まっていた。パーティーの合間にフランス人がギターを片手に洒脱なシャンソンを歌ったり(冒頭の写真)、パン屋の主人の娘がフラメンコを披露したりというスペシャルメニューまであった。ヨアンナの母親や親戚の人たちも見えていて、バースデーソングがポーランド語の歌で始まったのにはびっくりした。とても素敵な雰囲気のパーティーだった。
彼らと話していて、ヨアンナのルーツが段々わかってきた。簡単にまとめるとこういうことだった。ヨアンナの祖母はベルリンの人でもともとドイツ人。第2次世界大戦が始まりベルリンが危険な状態になると、彼女はポーランドに逃れる。そこで終戦を迎えると、もうドイツには戻れなくなっていた。彼女はその後現地でポーランド人男性と結婚し、ヨアンナの母親が生まれる。しかし、社会主義国家となったポーランドに一家は馴染むことができなかった。ある年、当局がヨアンナの祖父にスパイになることを強要したが、彼は拒否する。すると一家への露骨な嫌がらせが始まったという。ちょうどその頃、西ドイツではヴィリー・ブラントが首相に就任した。1972年、東側の国家との和解をすすめるブラントは、先祖のいずれかがドイツ人というポーランド人に西ドイツへの移住を認める法律を発布する。一家はそれによって西ベルリンにやって来た。その数年後、ヨアンナが生まれる・・
私が日本にいた頃、誰かと出会いその人に興味を持つことはあっても、その両親や先祖にまで興味を抱くということは普通なかった。だが、ベルリンでは、その人がどういうルーツを持ち、どのような過程でベルリンに来ることになったのか、そういうことを知るのを今は面白いと思う。程度の差こそあれ、多くの人がヨーロッパの複雑な歴史を体現していて、それはそのまま現在の世界を、そして現在のベルリンを写し出す鏡になっているからだ。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



4 Responses

  1. Sacmac
    Sacmac at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    ヨアンナさんの話、なんだか映画の中のことみたいですね。
    確かに、ベルリンは多国籍だし、何人かなんて大した問題ではないけれど、こういう背景を聞くとベルリンの複雑さを実感しますね。
    それにしても、楽しそうだ。

  2. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >Sacmacさん
    ベルリンでは複雑にいろいろなものが絡み合っています。でもこの街の面白いところは結局そこなんだろうと思いますね。この夜アジア人は僕一人だったんですが、なぜか孤独感はありませんでした。様々な経緯を経てベルリンに集まっている人々の中にいて、居心地が悪くなかったからだろうと思います。

  3. akberlin
    akberlin at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    う~ん、ベルリンにいたからこそ知り合えた人、という気もしますね。
    ちょっと話は変わってしまいますが、私の相方のお父さんは
    ドイツ人ですが、今はポーランドになってしまったシュレージア地方
    の出身。第二次大戦後にドイツに追われてきた人だそうです。
    もう亡くなってしまっているのでお話を聞くことが出来ないのが
    残念ですが、生きていたとしても語ってくれたかどうか・・・。
    故郷が外国になってしまって自由に行けないのはとても
    つらかったようです。

  4. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >akberlinさん
    >今はポーランドになってしまったシュレージア地方の出身
    「シュレージア」とか「ガリツィア」とか「東プロイセン」という地名は、世界史の教科書に載っていてまずはそこで習うものですが、ベルリンにいるとそれらが現実として迫ってきますよね。ベルリンは東出身のドイツ人が、かなり多いはずです。戦争中のベルリンの体験記を読むと、東を追われたドイツ人が命からがら徒歩でベルリンにやって来るシーンがよく出てくるのですが、心痛みます。akberlinさんの身近なところに、そういう人がいたのですね。歴史をたどっていくと面白いかもしれません。

Comment

CAPTCHA