「ジェノサイド」 BZ Lexikon(158)

ハーグにある国際司法裁判所が、95年に旧ユーゴのスレブレニツァで起きたイスラム教徒ら約8000人の虐殺事件について、初めて「ジェノサイド」だと認定しました。ナチスによるホロコーストをきっかけに生まれた言葉だったんですね。2月27日の紙面より。
Lexikon: Völkermord(ジェノサイド)
Der Begriff Völkermord oder Genozid beschreibt laut UN-Konvention Handlungen gegen Mitglieder einer nationalen, ethnischen, rassischen oder religiösen Gruppe, die in der Absicht begangen werden, die Gruppe ganz oder zum Teil auszulöschen. Mit der UN-Konvention 260 im Jahr 1948 wurden Völkermorde international geächtet. Die Konvention wurde inzwischen von 140 Staaten ratifiziert. Das Wort Genozid ist aus dem griechischen „genos“ (Herkunft) und dem lateinischen „caedere“ (töten) zusammengesetzt. Der jüdische Anwalt Raphael Lemkin, der aus Polen in die USA geflüchtet war, prägte es 1944, um eine Grundlage für die Bestrafung der von den Nationalsozialisten begangenen Verbrechen zu legen.
訳)国連の条約によると、大量虐殺またはジェノサイドとは「国民的、民族的、人種的、宗教的な集団の全部または一部を抹殺する意図をもって行われる行為」と記されている。1948年の国連条約260によって、ジェノサイドは国際的に非難されるようになった。この条約はその間140カ国で批准された。ジェノサイドという単語は、ギリシャ語の„genos“(種族)とラテン語の„caedere“(殺害)が合わさってできている。1944年、ポーランドからアメリカに亡命したユダヤ人弁護士のラファエル・レムキンが、ナチスによって引き起こされた犯罪を罰するための基礎を築くため、初めてこの言葉を使用した。
参考:BZ Lexikon(72) 「スレブレニツァ」
●ベルリンの有名なデパートKaDeWeが、昨日100周年を迎えました。その記念イベントの様子については後日書くつもりですが、それにしてもすごい人でした。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



Comment

CAPTCHA