Europafest 2007 in Berlin

雑踏のパリ広場前(3月25日)
前回に続いて、欧州連合誕生50年を記念した先週末のEuropafestの様子をお伝えします。
ウンター・デン・リンデンにはEUの50年の歩みを振り返るパネルが並んでいた。右側のEU首脳の写真、下段右の2人の顔にご注目を↓。
すごい人混みで入場規制が厳しく、ブランデンブルク門のあるパリ広場に入るのが大変だった。ようやく中に入ると、広場真ん中の特設ステージに大勢の人が集まっていた。どうやらメルケル首相がここにやって来るらしい。
だが、この人混みの中を本当にアンジー(彼女の愛称)がやって来るのだろうかと思いながら待つこと10分ほど。
拍手に迎えられてアンゲラ・メルケル首相とジョゼ・マヌエル・バローゾ欧州委員会委員長が壇上に登場!前回のヴォーヴェライトさんほどではないにせよ、こんなに間近で首相を見るのは初めてだった。2人はインタビューアーの質問に答えながら、この日を迎えた感慨やEUの今後について10分近くにわたって話した。メルケルさんが東ベルリンの職場のすぐそばに壁があった時代のことを振り返ると、ポルトガル人のバローゾさんはハスキーな声のドイツ語でスピーチし、最後に今年EU議長国のドイツにお祝いの言葉を述べた。その後、全員のカウントダウンでブルーの風船が青空に打ち上げられた。いいタイミングであの場に居合わせることができてよかったと思う。
スピーチの最後と風船の打ち上げの様子はデジカメで録画したのでYouTubeにアップしようとしたのですが、残念ながらうまくいきませんでした。
ブランデンブルク門横に建設中のアメリカ大使館にはこんな垂れ幕が。
“USA applauds the EU’s first 50 years”
6月17日通りに並ぶ屋台で私の好きなベルギービールを堪能した後、連邦議会議事堂へ。この日は議事堂の他、隣接した議員会館も一般公開された。政治に親しむ意味でもまたとない機会。私も興味津々だったが、特に前から一度見たいと思っていた連邦議会の「あるもの」を見ることができたのがうれしかった。この様子はいずれご紹介します。
夜の7時過ぎ。この日「ベルリン宣言」が採択されたドイツ歴史博物館前では、夜のニュースの準備で報道陣がまだせわしなく動き回っていた。
自分としては奇しくもベルリン、ドイツ、EUのそれぞれトップの立場にいる人物を間近で見ることができただけでなく、それらを包み込む市民のエネルギーも肌で感じ、EUの現在のダイナミズムを体感した1日だった。私はその少し前までメヒティルトさんによるベルリンの分断時代の話をまとめたり、戦禍の色濃いドレスデンを訪れたりしたため、ドイツの首都ベルリンがこういう日を迎えたことにやはりある種の感慨を覚えずにはいられなかった。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



7 Responses

  1. Aya
    Aya at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    政治は宇宙と同じくらい遠い世界でしたが、いつもさらりと紹介されていて楽しく拝見させてもらってます。こうしてみると彼らも普通の人間のひとりに見えてくるから不思議ですね。そしてこんなことを思い出しました。

    ドイツ人の知人が、地元レストランで大げさな警備もなく同僚(?)ときていた前首相(現役時代に)を見かけ、つい視線をとめてしまったら偶然彼と目があってウインクされたというのです。そして彼女も挨拶代わりに微笑み返したのだとか。それだけのことなのですが、なんだかとてもオープンで驚きました。

    前の記事でご紹介いただいたシュピーゲルのベルリン特集でも、政府の要人たちが普通のオープンカフェでミーティングをしていたり、安売りスーパーで庶民に混じって買い物をしていたりと、一般市民とはかけ離れたセレブの暮らしぶりとは違って親近感を感じました。これはある種の宣伝だろうとは思いつつも、ここまで底辺の市民レベルに下がってくること(を宣伝すること)はあまり日本ではなさそうですし、政治家や政治が身近に感じられ、すこしは興味も沸いてきますね。心理的罠としても、ある意味いい効用ではないかと思っています。

  2. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >Ayaさん
    コメントありがとうございます。
    前首相(ということはシュレーダーさんですね)のエピソード、いいですね。何となくその絵が想像できます。シュピーゲルのベルリン特集でケーラー大統領がKaisersで買い物をしている写真も「おやっ」と思いましたが、大統領府に勤めている私の知人が自転車で職場まで通っているという話を思い出し、まんざらただのパフォーマンスではないのかもと思ったりもしました。振り返るに、日本にいたとき政治家に親しみを持てなかったのは、何かあると「結局あの人たちは別の世界の人間だから」と思ってしまったことにも要因がありそうです。日本にも庶民性をアピールする政治家はいますが、この違いはどこから来るのでしょうね。

  3. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >Itoさん
    コメントありがとうございます。
    よかったら一度私に直接メールをいただけないでしょうか([email protected])。どうぞよろしくお願いします!

  4. 415
    415 at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    4月2日ラジオ深夜便ワールドネットワークで、ベルリンのレポーター長井順子さんが、メルケル首相のスピーチがとてもよかったとおしゃっていました。最近は月一のレポートですが、いつも楽しみにしています。彼女もドレスデンでのオペラに行かれたようで、ひょっとしてマサトさんともお知り合いかしら?
    それからマサトさんおすすめの『善き人のためのソナタ』見てきました。20年というのは長い歳月のようにも思いますが、私の年齢ではついこの間の出来事のような生々しさを感じました。ちょっと考えさせられることが多かったです。

  5. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >415さん
    こんにちは!
    長井順子さんという方は存じ上げませんが、この日同じ場所にいた可能性が高いですね。音楽もお好きな方のようですし、そのうちどこかでお会いするチャンスがあるかもしれません。すでにどこかですれちがっていたりして。

    『善き人のためのソナタ』、ご覧になりましたか。私は当然ながらあの映画をベルリンの映画館で見たので、内容のリアリティーはさらに強く感じられました。18年前というのは、私にとってもそんなに昔の話ではありません。

  6. 415
    415 at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    ながい じゅんこさんの正しい漢字は、永井潤子さんでした。もう30年ほどドイツにお住まいのジャーナリストです。初めて気が付いたときはボンからのレポートでしたが、首都の引越しとともにベルリンに移ってこられました。
    音楽、映画、バードウォッチングがお好きで、折々その話題も出ます。
    妙齢?おばさま?のご婦人ですが、もう出会っていらっしゃるかも。

  7. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >415さん
    永井さん、もう30年もドイツにお住まいなんですか。音楽がお好きならば、やはりどこかですれ違っている可能性は高そうです。機会があればいずれお会いしてみたい方ですね。

Comment

CAPTCHA