特選ベルリン街灯図鑑(2) 「シュプマン街灯」

今回から本格的にスタートするこのベルリン街灯図鑑は、クラシカルな逸品から紹介しようと思います。さて、ここはどこでしょうか?
少し画面を引いてみましょう。そう、現在解体工事中の共和国宮殿の前で、通りでいうとウンター・デン・リンデンです。せっかくなので、ベルリンを代表する通りを彩る街灯から始めようと思ったのでした(8月28日撮影)。
この街灯は、デザインした人の名前に因んで”Schupmann-Kandelaber”と呼ばれており、オリジナルは1888年から1935年までこの通りに立っていました。
ついでにもうひとつ。ブランデンブルク門に面したパリ広場では、この「シュプマン街灯」の2つが合わさってペアになった珍しいタイプを見ることができます。ブランデンブルク門の前でわざわざ街灯に目を向ける観光客もそういないと思いますが^^;)、これはなかなかレアなので今度はぜひ注目してみてください。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



4 Responses

  1. Til
    Til at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    今まで街灯に目をむけることなんてありませんでしたが、味のある街灯ですね。

  2. Ken
    Ken at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    エネルギーは電気?ですよね。いくらなんでもガスってことはないですよね?

  3. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >Tilさん
    ヨーロッパの街灯というのは大体どこの国のも面白いですね。これからもっと味のあるのが出てきます。

  4. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >Kenさん
    さすがにいまはガスではなくて、電気です。街灯といえば、ガス灯のこともそのうち触れなければなりませんね。

Comment

CAPTCHA