今週のシュピーゲル誌 「ベルリン、1945年夏」

今年は壁崩壊20周年に加え、ドイツの建国60周年ということで、ドイツの戦後の歩みを振り返る機会がこれから増えてくると思うのですが、今週のDer Spiegel誌も「ドイツの60年」という特集を組んでいます。しかも今回はSpiegel TVのDVD付きで、テーマが「ドイツ零年。ベルリン、1945年夏」。ドキュメンタリーの方はまだ観ていないのですが、この本編の他、25分に渡ってひたすら1945年7月のベルリンの空撮を収めたボーナストラックが付いていて、非常に興味深かったです。今週中はまだキオスク等で買えるので、興味のある方はお早めにどうぞ。
このテーマに関連して、次回はある写真展をご紹介したいと思います。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



Comment

CAPTCHA