ベルリンに帰った貴志康一

©甲南大学貴志康一記念室所蔵
1930年代前半、ベルリンで信じられないようなキャリアを築いた若き日本人音楽家がいました。その名は貴志康一。大阪の商家に生まれ、ジュネーブとベルリンでヴァイオリンの研鑽を積みながら、ヒンデミットに作曲を、フルトヴェングラーに指揮を学び、25歳でベルリン・フィルを指揮するという快挙まで成し遂げます。交響曲や歌曲、オペレッタまで多くのジャンルで曲を残したほか、映画製作にも力を入れ、並々ならぬ意欲を持って日本文化の紹介に努めました。しかし帰国後、わずか28歳で急逝すると、戦中・戦後の混乱の中、その名は忘れ去られていきました。
2009年は貴志の生誕100年目に当たる記念の年。生まれ故郷の関西を中心に彼への関心がじわじわと高まる中、ベルリン日独センターが、展覧会「貴志康一、ベルリンに帰る」を貴志に縁のある甲南大学と共催しました。日本大使館や甲南大学の関係者も出席したオープニング式典の様子をお伝えしたいと思います。最初に、今回の企画の実現に尽力したソプラノ歌手の中嶋彰子さんが、貴志作曲の「赤いかんざし」と彼の編曲による「さくらさくら」を情感豊かに歌い上げました。中嶋さんは、この日の昼に行われたフィルハーモニーでの「ランチコンサート」でも貴志とその同時代の音楽を紹介し、大変好評を博したそうです。
また、貴志が製作した短編映画2本が上映されたほか、ベルリン・フィルの資料室長ヘルゲ・グリューネヴァルトさんによる1930年代のベルリンについての小講演や、写真や楽譜などから成る展示物によって、貴志のマルチタレントぶりと彼が生きた時代背景が鮮やかに浮かび上がってきました。中嶋さんによると、貴志の音楽がベルリンに鳴り響くのは記録を遡っても70数年ぶりだったそうで、戦前、必死に日独の橋渡しに努めたこの若き音楽家が、確かに「第2の故郷」であるベルリンに帰って来たのだと実感しました。当展覧会は、日独センターにて4月17日(金)まで開催されています。
ドイツニュースダイジェスト 4月3日)

sponsored link



LINEで送る
Pocket



4 Responses

  1. akberlin
    akberlin at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    ベルリンフィルのランチタイムコンサート、私は一度しか聞きに行けなかったのですが、私が行ったときもあまり知られていないユダヤ系作曲家の曲を演奏していました。日本人でこんな才能のある人がベルリンにいたことを知る機会があるなんてさすが。またベルリンフィルと日本のつながりの深さも感じますね。

  2. pfaelzerwein
    pfaelzerwein at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    大変興味深いです。名前は良く知っていても曲や録音や聞いたことがないので未知です。どのように感じられましたか?

  3. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    akberlinさん
    ランチコンサートは私も最近あまり行っていないのですが、相変わらず人気は高いようですね。音楽家にとっても、大勢のお客さんの前で思い切ったプログラムを組む格好の機会なんでしょう。今後もぜひ続けてほしいです。

  4. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    pfaelzerweinさん
    貴志の作品ですが、歌曲を少し聴いただけの印象としては、なんと言いますか、とても「日本的」で、少なくともヒンデミットの影響を際立って感じさせる作風ではないように思いました。オーケストラ作品を聴いたらまた印象は変わるかもしれませんが。

Comment

CAPTCHA