変貌する「テロのトポグラフィー」

ポツダム広場に近いニーダーキルヒナー通り(Niederkirchner Str)の壁は、「イーストサイドギャラリー」を除けば、ベルリン市内に残る「壁」の中ではおそらく最長だろう。昼間は観光バスの流れが絶えない場所だ。
この裏手の広大な敷地は、ナチス時代にSS(親衛隊)とゲシュタポの本部があったところ。ここは1987年から、発掘された地下牢のスペースを使って、国家によるテロ、すなわちナチス時代の恐怖政治の歴史を伝える野外展示場になっている(それゆえ名前は「テロのトポグラフィー(Topographie des Terrors)」)。ベルリンに数あるオープンギャラリーの中でも、もっとも強烈な印象を与えるものだった(写真は昨年夏の様子)。
先日久々に足を運んだら、あの野外展示はなくなっていた。どうしたのかと思い調べたら、展示会場は南側に移動したとのこと。長年の議論の末、「テロのトポグラフィー」の記録センターを造る工事が今着々と進んでいるのだ(現在の様子はこちらで見ることができる)。予定では、(ヨーロッパにおける)第2次世界大戦終結65周年の2010年5月8日にオープニングを迎えることになっている。
この「テロのトポグラフィー」については、以下のサイトが詳しいです。
テロ・トポグラフィー(テロの地勢図) BMK Berlin

sponsored link



LINEで送る
Pocket



14 Responses

  1. noriko-happylog
    noriko-happylog at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    壁がなくなって今年で20年ですね。とても早いように感じます。2番目のところへは行った事があるのですが移動したのですね。ここを見た時に少し怖かった印象があります。

  2. くまびえべる
    くまびえべる at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして。「ドゥダメル」の検索でこのブログにお邪魔いたしました。
    ドゥダメルのベルリンフィルとStaatoparを聴くために3月2週続けてベルリンを訪問いたしました。ロンドン(現在在住)、あるいはドイツの他都市(フランクフルト、ミュンヘン等)と比べて金銭的に豊かではないように感じました(何人か偶然お話できた現地の方もそう仰っていました)が、あのような優れた音楽があることに驚きました。また、建築もドイツらしい、無駄のないデザインではありますが、新築も含め非常に立派な建物が多いと感じました。これらは政府の助成がベルリンにハード、ソフトともに注がれている故、ということなのでしょうか。「壁」の跡の少ないことに驚きました。忘却することは強さなのか、「賢者は歴史に学ぶ、愚者は経験に学ぶ」なのか、思わず考えました。

  3. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    noriko-happylogさん
    >ここを見た時に少し怖かった印象があります。
    かつての地下牢を使った展示ということで、とても生々しいものを感じました。あの展示物がどういう建物の中に収まるのか興味があるところです。

  4. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    くまびえべるさん
    はじめまして。確かにベルリンは経済的にあまり豊かな町ではありません。ただ、それ以外の何かが不思議と豊かなのが面白いところです。音楽もその1つでしょうね。ベルリンに比べるとロンドンは別世界のようなイメージです。いつかゆっくり訪ねてみたいですが、ベルリンの物価に慣れてしまうとなかなか^^;)。

  5. Shuji Kamano
    Shuji Kamano at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    最近熊谷徹氏の観光コースでないベルリンという本が出ていて,地図を参照しながら読んでいるのでなかなか捗りません。少し気になったのは Guenter Litfin の弟が Kieler Str. の残された監視塔を借りて資料館を開いているというのとトンネル大脱走の現場 Strelitzer Strasse 55 に銘板があると言うことです。社会主義時代は Egon Schulz Strasse となっていたことを70年に買った地図で確認しました。

  6. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    Kamanoさん
    コメントありがとうございます。熊谷さんの本は私も読んでみたいと思っていました。
    >Guenter Litfin の弟が Kieler Str. の残された監視塔
    これは行ったことがあります。川沿いにあって、散歩コースとしてもなかなかいいです。

    >トンネル大脱走の現場 Strelitzer Strasse 55 に銘板がある
    記念プレートの存在は知っていましたが、こちらはまだ見たことがありません。今度チェックしてみたいと思います。

  7. isamu
    isamu at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは何回目かの書き込みです。

    私は、ピーターズントーというスイスの建築家が好きで彼がコンペで勝ったと聞いて2006の訪独の際にこのあたりをウロウロ歩いたものの建築に巡り合えませんでした。当時は簡単に移設できそうな建物でゲシュタポの展示をしていた気がします。

    その謎がやっと分かりました。

    建設費が掛かりすぎて一度ぶっ壊してやり直しコンペを開いたと言うことみたいですね。ズントーFANとしては残念ですが、何かすっきりした気がしました。

    それにしてもベルリンを再訪したくなる危険なブログですな(笑)。

  8. isamu
    isamu at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは何回目かの書き込みです。

    私は、ピーターズントーというスイスの建築家が好きで彼がコンペで勝ったと聞いて2006の訪独の際にこのあたりをウロウロ歩いたものの建築に巡り合えませんでした。当時は簡単に移設できそうな建物でゲシュタポの展示をしていた気がします。

    その謎がやっと分かりました。

    建設費が掛かりすぎて一度ぶっ壊してやり直しコンペを開いたと言うことみたいですね。ズントーFANとしては残念ですが、何かすっきりした気がしました。

    それにしてもベルリンを再訪したくなる危険なブログですな(笑)。

  9. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    isamuさん
    久々のコメントをありがとうございます。
    「テロのトポグラフィー」はここまでくるのに本当に長い年月がかかりました。来年完成したら、ホロコースト記念碑と並んで、中心部の歴史記念碑の目玉になるでしょうね。

    Peter Zumthor氏はお気の毒でした。スイスに行ったら、彼の作品をぜひ見てみたいです。

  10. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    isamuさん
    久々のコメントをありがとうございます。
    「テロのトポグラフィー」はここまでくるのに本当に長い年月がかかりました。来年完成したら、ホロコースト記念碑と並んで、中心部の歴史記念碑の目玉になるでしょうね。

    Peter Zumthor氏はお気の毒でした。スイスに行ったら、彼の作品をぜひ見てみたいです。

  11. banaco
    banaco at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    初めまして。
    だいぶ前からブログ楽しみに見てました。ベルリンが大好きなので。

    野外展示が無くなってしまった写真を見て余りにショックでコメントしてしまいました。。
    今年ベルリンに行く時、また行こうと思っていたので大ショックです。。。
    地下に展示してあるからリアルでいいと思っていたのですが。

    ベルリン、古いものがどんどん無くなって行く気がします。
    ホテルUnter den Lindenやシェーネフィールド空港もショックでした。
    また早く行かなくちゃ、と思ってます。

  12. banaco
    banaco at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    初めまして。
    だいぶ前からブログ楽しみに見てました。ベルリンが大好きなので。

    野外展示が無くなってしまった写真を見て余りにショックでコメントしてしまいました。。
    今年ベルリンに行く時、また行こうと思っていたので大ショックです。。。
    地下に展示してあるからリアルでいいと思っていたのですが。

    ベルリン、古いものがどんどん無くなって行く気がします。
    ホテルUnter den Lindenやシェーネフィールド空港もショックでした。
    また早く行かなくちゃ、と思ってます。

  13. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    banacoさん
    はじめまして。
    あの野外展示はある種の生々しさがあって、私も印象に残っていました。いま建設中の新館はかなりの大きさですから、一体どういう展示になるのか、私も興味を持って見守っています。

    シェーネフェルト空港、2011年に予定通り完成するのか、こちらも興味津々です。

  14. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    banacoさん
    はじめまして。
    あの野外展示はある種の生々しさがあって、私も印象に残っていました。いま建設中の新館はかなりの大きさですから、一体どういう展示になるのか、私も興味を持って見守っています。

    シェーネフェルト空港、2011年に予定通り完成するのか、こちらも興味津々です。

Comment

CAPTCHA