「壁とベルリン」第4回 – 復活する壁ギャラリー –

ドイツ統一をテーマに描くアーティスト、シャミル・ジマイェフ(Schamil Gimajev)氏
「イースト・サイド・ギャラリー」、今も残る壁の遺構の中で最も知られたものだろう。まだ壁が崩壊して数カ月後の1990年1月、イギリス大使館の元文化担当官クリス・マクリーンが発起人となって、21カ国118人のアーティストが壁に沿って絵を描いた。オーバーバウム橋から東駅まで全長1300 メートルにわたって続く壁は、やがて世界最長のオープンギャラリーとして保存されることになったのである。
時の経過とともに、排気ガスや観光客の落書きによる壁と絵の破損はひどくなり、もはやギャラリーとは呼べない状態が続いていた。それでも市内に残る最長の壁ゆえ、観光客の流れが途絶えることはなかった。
先日、久々にイースト・サイド・ギャラリーに沿って歩いてみた。今までと様子が違う。ぼろぼろの壁がある一方で、まっさらな状態に戻された壁もあれば、描かれたばかりの鮮やかな絵もある。壁崩壊20周年の今年、壁に沿った105枚の絵がかつてのアーティストによって元の姿のまま描き直されることになったのだ。
イースト・サイド・ギャラリーを運営する芸術家団体が、宝くじ基金や連邦や州からの援助を通じて250万ユーロの資金を集め、今回の修復が実現した。最初に80℃の蒸気で壁面からすべての色を取り除き、むき出しの壁にコンクリートが強化された。その上に、今度は風化にも耐えられるよう、特殊な絵の具を使って描かれるという。ただ、アーティストには3000ユーロの製作に関する手当が支払われるのみで、ギャラは出ない。そのことに対して不満の声もあったようだ。
ソ連のブレジネフと東ドイツのホーネッカーがキスをするシーンを描いた「兄弟キス」も、ロシア人作家ドミトリー・ヴルーベリによって製作が終わったばかり。この絵は絵ハガキやマグカップのモチーフにしばしば用いられ、ヴルーベリはそれによって有名になった。だが、「ドイツでは公共の場に描かれたイラストレーションは著作権の対象外になるため、自分のもとには一銭も入ってこないのだ」と彼はシュピーゲル誌のインタビューで答えている。
また、トラバントが壁を突き抜けて飛び込んでくるビルギット・キンダーの「Test the Best」や、富士山と五重塔をモチーフにしたトーマス・クリンゲンシュタインの「日本への迂回路」も同様に蘇った。人々を分断し続けた壁に描かれただけあって、「自由」や「ユートピア」をテーマにした作品が多く並ぶ。19年前に描いた時と、どのような心境の変化があったのか、彼らに直接聞いてみたい気がする。
10月までに絵の修復はすべて終わり、壁崩壊記念日の翌11月10日にオープニング式典が行われる予定だ。イースト・サイド・ギャラリーの芸術家団体は、ヴォーヴェライト市長の傘下で、同所を「ドイツ統一のシンボル、ヨーロッパの歴史の重要な証言者」として、世界遺産登録の申請を開始した。
ドイツニュースダイジェスト 8月14日)

sponsored link



LINEで送る
Pocket



2 Responses

  1. jens_berlin
    jens_berlin at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    写真だけ見ても「スゴイ!」と思いました!11月10日ですか、予定通りならその時にベルリンへ行くので全て復活した壁を是非この目で見たいです。

  2. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    もう半分以上の絵が新しく生まれ変わっています。ティエリー・ノアのユーモラスな一筆アートもそろそろ描き直されるはずなので、楽しみです。

Comment

CAPTCHA