発掘の散歩術(14) -ミース・ファン・デル・ローエのバースデーパーティー-

夕暮れ時のレムケ邸で踊る人たち (2011-08-14)

アレクサンダー広場からトラムのM4に揺られること約25分。ヴァイセンゼーという湖を過ぎて間もなく、ブッシュ・アレー/ハンザ通りという停留所で降りた。普段ベルリンの西側に住んでいる私にとっては、同じ市内とは言え、ここまで来るとさすがに遠くに来た感を抱かせる。このホーエンシェーンハウゼン地区には、つい20年ちょっと前まで秘密警察シュタージの刑務所があった。そんな過去も、実際の距離以上に「遠さ」を感じさせる要因になっているかもしれない。

今歩いている辺りには、2つの小さな湖が双子のように並ぶ。1つはオランケゼーで、これは氷河時代に自然生成された湖。通り1つ隔てたオーバーゼーは、19世紀末にビール会社が窪みに水をたくわえて造ったという人工湖だ。周辺はごく普通の住宅街だが、東独時代はシュタージの関係者が多く住み、その特徴として呼び鈴のネームプレートが必ず白紙になっていたそうだ。一般市民は安易に立ち寄れない場所だったのだろう。

夕暮れ時、そんなぞっとする歴史を持つ住宅群の向こうから、とてつもなく陽気な音楽が鳴り響いてきた。発信源はオーバーゼーの畔に立つミース・ファン・デル・ローエ・ハウス(通称レムケ邸)。今年生誕125周年を迎える同名の建築家の「バースデーパーティー」が行われると聞いてやって来たのだ。

1932年から33年にかけて、印刷会社の社長で、子どものいなかったカール・レムケ夫妻の「天気の良い日には庭に延びるような、こぢんまりとした控え目な住居」という希望から、当時バウハウスの校長だったミースが設計した邸宅だ。L字型の平屋建築で、構造は非常にシンプル。ちょうどL字の角にある入り口から中に入ると、庭に面した側はどちらも大きな窓ガラスがはめ込まれ、光がまばゆいばかりに差し込む空間になっている。目の前の大きな庭と直につながっているような錯覚を受けるほどだ。自然との一体感を強調した平屋というのが、どこか東洋的でもあるせいだろうか、非常にモダンなのにとてもしっくりきた。

sponsored link

目の前で、比較的年配の男女がブギウギのリズムに乗り、両手を派手に動かしながら踊っている。その奥の芝生では人々がピクニックのようにくつろいでいる。アットホームな雰囲気が心地良い。ノリノリで踊っている中に日独協会のシュミットさんのお顔を見付けた。私たちに気付くと、レムケ邸のことを少し教えてくれた。

ミースはナチス台頭後の1938年にアメリカに亡命。レムケ夫妻は1945年までこの家に住んでいたが、戦後はソ連に接収され、1960年代から壁崩壊まではシュタージ関連の施設として利用されていたという。統一後、市民活動によってホーエンシェーンハウゼン区に買い取られ、現在は税金と友の会の募金で運営されているそうだ。

湖に面した広大な庭には、「Mies 125」の文字が至るところに

「Mies 125」というかっこいいロゴが入った大きなじょうろを持っている人を何人か見かけた。これは20ユーロで購入でき、そのうちの何割かが募金に回されるそうだ。「なんでじょうろなの?」とも思ったけれど、じょうろで庭の草木に水をやるように、時間を掛けてレムケ邸とそこでのアートを育ててきた地元の人たちに敬意を感じて、1つ持って帰った。
ドイツニュースダイジェスト 9月16日)

Information
ミース・ファン・デル・ローエ・ハウス
Mies van der Rohe Haus

ミースが亡命前最後に手掛けた邸宅でもある。東独時代に何度も改築されたが、2000~02年にかけて、建物と庭はオリジナルの設計図に沿って造り直された。この空間に調和する作家の展覧会が定期的に開かれており、11月27日までユルゲン・パルテンハイマー展が開催される。入場無料。晴れた日は庭園の散歩も気持ちがいい。

開館:火~日11:00~17:00
住所:Oberseestr. 60, 13053 Berlin
電話番号:(030) 970 006 18
URL:www.miesvanderrohehaus.de

新ナショナルギャラリー
Neue Nationalgalerie

ベルリン市内でミースの建築を味わうなら、やはりこちら。1968年ミース晩年の作品で、巨大な鉄骨の天井を側面の軽やかなガラスが支えているかのように錯覚させるモダン建築の傑作。現在はマックス・ベックマンの自画像展が開催中で(10月3日まで)、11月からは1945~68年の作品の常設展が予定されている。

営業:火水金10:00~18:00、木10:00~22:00、土日11:00~18:00
住所:Potsdamer Str. 50, 10785 Berlin
電話番号:(030) 266 424242
URL:www.neue-nationalgalerie.de

sponsored link



LINEで送る
Pocket



2 Responses

  1. キートス
    キートス at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    これもまた面白い話ですね、ありがとう!この建物の存在すら知りませんでした。つい「この家に住みたい!」と思ってしまいました。

  2. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    キートスさんもご存じない場所を紹介できて少しうれしいです(笑)。東のかなり奥まった場所にありますが、湖の散歩もかねて一度いかがですか?ホーエンシェーンハウゼン地区といえば、シュタージの刑務所跡を近々ご紹介したいと思っています。

Comment

CAPTCHA