フリードリヒ大王の生誕300周年

サンスーシ宮殿とその下に広がる美しい庭園
ポツダムのワイン畑の丘の上に建つフリードリヒ大王の夏の離宮、サンスーシ宮殿を訪れ、魅了された方は多いのではないでしょうか。2012年は、「大王」ことフリードリヒ2世(1712〜86年)の生誕300周年。今年は、彼が足跡を残したベルリン、ブランデンブルク州の州都ポツダムを中心に、多数の記念行事が予定されています。
フリードリヒ大王と言うと、どんなイメージをお持ちでしょうか。哲学者ヴォルテールを議論の友に迎えた、18世紀を代表する啓蒙専制君主。いくつかの戦争によって領土を拡大し、プロイセンを欧州の列強にのし上げた軍国主義者。絵画やフルートを愛し、自ら作曲までした芸術家としての顔。妃とはすぐに別居、一方で犬をこよなく愛したどこか孤独な私生活……。歴代のプロイセン王の中でも、フリードリヒ大王ほど多彩な側面を併せ持ち、今なお人々の関心を引き付けて止まない人物はいないかもしれません。
実際、メモリアルイヤーに予定されているプログラムの内容も多岐に渡ります。最初のハイライトは、大王の誕生日である1月24日にかけてでしょう。ポツダムでは1月12日から音楽、劇、朗読、講演など多くの文化行事が予定され(詳細はこちら)、24日にはベルリン・フィルハーモニーで記念コンサートが、同日コンツェルトハウスではヴルフ大統領も臨席しての記念式典が行われます。
ポツダムの旧市街に置かれた新宮殿の特別展「FRIEDERISIKO」の巨大なシンボルマーク
4月28日から10月28日まで、ポツダムの新宮殿で開催される特別展「FRIEDERISIKO」は、一連のプログラムの中でも目玉と言えるものです。1756年から続いた七年戦争の終結後、フリードリヒ大王がプロイセンの国力を誇示するために建てさせたという新宮殿は、長らく修復工事が行われていましたが、今回初公開の部屋も含めて70ものホールが一般公開されます。主催するプロイセン宮殿庭園財団史上「最もお金を掛けた」展覧会と言われるだけあって、いやが上にも期待は膨らみます。
このほか、大王が皇太子時代を過ごしたラインスベルク宮殿、ベルリンのドイツ歴史博物館でも関連の展覧会が予定されており、ポツダムのブランデンブルク・プロイセン歴史館では、「王とじゃがいも」というテーマの展覧会も!フリードリヒ大王がプロイセン国民に初めてじゃがいもを食べさせたというのは、有名な話です。
2012年、フリードリヒ大王にどのような形で新たに出会えるのか楽しみです。皆さんもこれを機に、ベルリンやポツダムを訪れてみてはいかがでしょうか。
http://friedrich300.eu
ドイツニュースダイジェスト 1月13日)
ドイツ/フランスのテレビ局Arteでもフリードリヒ大王の特集が組まれています。1月22日には、昨年新宮殿で行われたエマニュエル・パユとカンマーアカデミー・ポツダムのコンサートも放映されるそうで、これは必見ですね。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



2 Responses

  1. eichentoph1722
    eichentoph1722 at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    ドイツとじゃがいもの関係はフリードリヒ大王から始まったのか。。。世界史の授業、バッハ父子やクヴァンツとの絡みなどでよく登場するけど名前ぐらいしか知らなかったな~。輝かしい功績の裏で仄暗い表情も垣間見せる、なかなか魅力的な人物のようだね。今後も面白いイベントとかあったらレポートしてちょ♪

  2. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    eichenopfさん
    おお、久々のコメントありがとう!ポツダムにはサンスーシ宮殿という、大王の時代からそのままの状態で残っている遺産があるので(部分的に模様替えはされていますが)、あそこに行くとどこか彼のことを身近に感じてしまうんだよね。バッハが実際ここに来たのかははっきりした確証はないようだけど。
    http://homepage2.nifty.com/bachhaus/reise/potsdam.html

Comment

CAPTCHA