BZ Lexikon(106) 「オーデコロン」

オーデコロンの正式名称は、”4711 Echt Kölnisch Wasser”(「4711本物のオーデコロン(ケルンの水)」というみたいですが、単に「4711」と呼ばれることがずっと多いようです。8月3日の紙面より。
Lexikon: 4711 Echt Kölnisch Wasser(オーデコロン4711)
Das Parfüm 4711 Echt Kölnisch Wasser blickt auf eine Tradition von mehr als 200 Jahren zurück. 1792 gilt als Entstehungsjahr. Damals schenkte ein Kartäusermönch die geheime Rezeptur des „aqua mirabilis“ dem Kaufmann Wilhelm Mülhens zur Hochzeit. Dieser gründete eine Manufaktur in der Kölner Glockengasse Nummer 4711, um das Duftwässerchen herzustellen. Mittlerweile wird es in mehr als 60 Ländern vertrieben. Der Weltweite Erfolg für das einstige Heilmittel kam 1994, als der Wella-Konzern die Kölner Traditionsfirma Muelhens mit den Marken 4711 und Tosca kaufte. Wella wurde 2003 vom US-Konzern Procter & Gamble geschluckt, der die Marke 4711 jetzt verkaufen will.
訳)香水のオーデコロン4711は200年以上前の伝統にさかのぼるが、1792年が創立年として通っている。当時、シャルトルーズ会のある修道僧が「アクア・ミラリビス(不思議な水)」の秘密の処方箋を商人ヴィルヘルム・ミューレンスの結婚式の際に贈った。ミューレンスはこの香水を販売するため、ケルンのグロッケンガッセ4711番地に工場を創設した。そうこうするうちに、オーデコロンは60カ国以上に販売されるようになった。1994年、ウエラ・コンツェルンが4711と「トスカ」の商標を持つ伝統の企業「ミューレンス」社を買収すると、このかつての治療薬は世界的な成功を収めた。ウエラ社は2003年アメリカのコンツェルンProcter & Gamble社に吸収されたが、そのProcter & Gamble社は今や4711の商標を売却するつもりである。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



Comment

CAPTCHA