BZ Lexikon(111) 「スキタイ人」

モンゴルのアルタイ山脈で2500年前のスキタイ人兵士のミイラが発見されました。専門家によると「世紀の発見」だそうで、その研究グループの中にはベルリン出身の考古学者も混じっていたそうです。詳しい記事はこちらをどうぞ。
Lexikon: Skythen(スキタイ人)
Unter dem Oberbegriff “Skythen” werden seit der Spätantike barbarische Steppenbewohner zusammengefasst. Den alten Griechen galten zunächst alle Völker östlich des Rheins – also auch die Germanen – als Skythen. In dem Maße, wie das Wissen über fremde Regionen wuchs, wurde der Begriff auf immer weiter östlich lebende Völker angewandt. So galten zur Zeit der Völkerwanderung alle Bewohner der Gebiete nördlich des Schwarzen Meeres als Skythen. Die Perser stufen später auch die zentralasiatischen Völker als Skythen ein. Der Höhepunkt der Macht skythischer Reiche lag zwischen dem 7. und 4. Jahrhundert vor der Zeitenwende, die letzten Skythen wurden im 3. Jahrhundert unserer Zeitrechnung von den Goten vernichtet.
訳)「スキタイ人」という上位概念のもとで、(ギリシア・ローマの)古典期の後期以降の、異国に住むステップの居住者はまとめられる。古代ギリシア人にとっては、最初はゲルマン人も含めてライン川より東側の民族は全てスキタイ人として通っていた。見知らぬ地域のことがわかってくるにつれて、この概念は東に住む民族へとどんどん拡大して用いられるようになった。そのようにして、民族移動の時代は黒海北側の地域の住民は全てスキタイ人として通っていた。後にペルシャ人は、中央アジアの民族もスキタイ人と格付けした。スキタイ帝国の力の絶頂は紀元前7世紀から4世紀にかけてで、最後のスキタイ人は3世紀にゴート人によって滅ぼされた。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



Comment

CAPTCHA