天使の降りた場所(8) – ポツダム広場 –

Potsdamer Platzにて(2006年1月9日)
「天使の降りた場所」シリーズもいよいよ前半のハイライト(?)、ポツダム広場(Potsdamer Platz)にやって来た。ポツダム広場はベルリン中心部のほぼど真ん中に位置し、間違いなくベルリンで最もよく知られた広場だろう。にも関わらず、このブログでちゃんと取り上げたことは今までなかった。ここはベルリンの中でもとりわけその「比類なき記憶」がつまった場所なので、いくらピカピカのモダンな建築が乱立するようになった今でも、あまりおいそれとは書けないような気がしていたからだ。だが、映画「ベルリン・天使の詩」をポツダム広場のシーンを抜きにして語ることはできない。ちょうどいい機会だと思って、これから3回に分けて書いてみることにしたい。
詩人ホメロスはポツダム広場にやって来る。ここは戦前、ベルリンで最も賑やかな場所だった。ホメロスは記憶を頼りにさまようが、すぐそばに壁がそびえる荒涼とした無人地帯にかつてをしのばせるものは何も見つからない。
ホメロス役のクルト・ボイス(Curt Bois)は、1901年にベルリンで生まれた。すでに6歳の時にミュージカルに出演したという大変なキャリアを持つ俳優だった。ナチの台頭によってアメリカに亡命するまでベルリンの数々の劇場で活躍し、戦後再びベルリンに戻って来ることになる。ヴィム・ヴェンダースはこのシーンでボイスに自由に語らせたというから、おそらく彼は自身の記憶も交えて戦前のこの場所について追憶しているのだろう。映画全体でも非常に印象的な場面だ。
「私の知っているポツダム広場はどこにも見つからない!人と語り合ったカフェもデパートも。賑やかな広場だったのに」
現在のポツダム広場に見慣れた目には衝撃的でさえあるこの場面だが、私にはここがどこだかすぐにわかった。ポイントになったのは(と言うのもおかしいけど^^;)、奥に見える駅らしきもの、その裏にある階段形状の団地、そして左に見えるMeistersaalと呼ばれる戦前からある古い建物だ。
ほぼ同じ場所と思われる地点に立って写真を撮ってみた。ここはかつてポツダム方面に向かう列車が発着する駅があった場所。その中央には斜面状の緑地が作られ、天気のいい日には多くの人が寝っ転がっている。Meistersaalは新しい建物に隠れて見えないが、今もそこにある。
その横のLinkstraßeにはリチャード・ロジャースの設計による、まるで宇宙ステーションのような超モダンな建物が並ぶ。
新しい建築群の狭間に、石造りの古い建物が一つだけ、何となく居心地が悪そうにちょこんと立っている。これは一体?
これはWeinhaus Huthという1912年にオープンしたワインレストラン。後で述べるHotel Esplanadeと並んで、戦争の爆撃を逃れたポツダム広場周辺のほぼ唯一の建物なのだった。
この写真は映画のシーンではないが、壁があった時代、この無人地帯にポツンと佇むWeinhaus Huthはポツダム広場の一つのシンボルを表していた。
画面の後ろに見える高架線は、80年代後半に実験的に運営されたM-Bahnという名の磁気浮上式鉄道。Gleisdreieckからフィルハーモニー横のKempelplatzまでの全長1,6キロの短い路線で、ドイツ人の友達によると場所が場所だけにいつもガラガラだったらしい。一度、列車が終点のKempelplatzのホームに停まらずに駅をつき抜け高架下にずどんと落下してしまったが、無人運転でしかも誰も乗っていなかったために被害はなかった、という奇妙な事故の話も聞いた。YouTubeに、このM-Bahnからの車窓を眺められる貴重な映像がある。
ホメロスがソファに座って感慨にふける場所は、20年後こうなった。
では、ホメロスが追憶する戦前のポツダム広場とは、一体どういうものだったのだろうか。次回はポツダム広場が燦然と輝いていた時代のお話です。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



10 Responses

  1. しゅり
    しゅり at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは、マサトさん!
    ああ!続きが読みたくてドキドキしています(笑)。
    さて、Weinhaus Huthとはなんなのでしょう。
    そして爆撃の中唯一残った建物とは!
    不思議ですね。

  2. タンコニ
    タンコニ at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    ヨーロッパって街並み重視の思想があると思ったけど、日本の商業地域みたいな感じで建物建てたりするんだね。意外です。
    ヨーロッパって演奏で行くだけじゃなくてしっかり観光したいね。
    歴史の有無は重要だね。

  3. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >しゅりさん
    Weinhaus Huthというのは、その名の通り1912年にオープンしたワインレストランです。1998年に再オープンし、往年の雰囲気を残す素敵な感じのお店なんですが、残念ながらまだ中に入ったことはありません。ここで飲むワインはさぞやおいしいでしょうね^^)

  4. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >タンコニさん
    これはこれは、よくいらっしゃいました(笑)。
    >ヨーロッパって街並み重視の思想があると思ったけど
    ヨーロッパの大都市で、町のど真ん中がこういう超モダンなところは確かに他になかなかないかも。ポツダム広場を再開発する際、戦前の町並みを再現するという案もあったらしいけど、結局こうなりました。ベルリンは過去にしがみつくのではなく、未来を選んだのだと思います。

    >ヨーロッパって演奏で行くだけじゃなくてしっかり観光したいね。
    あの時は観光はあまりできなかったものね。2000年に比べると、町並みはずいぶん変わっているので、またぜひ遊びに来てね!

  5. K.D.C.
    K.D.C. at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    マサトさんこんばんわ。

    「ベルリン・天使の詩」、学生時代に観ました。
    しみじみとした味わいがありますね。

    そういえば5年前、ベルリンで
    戦勝記念塔ジーゲスゾイレの下をタクシーで飛ばした夜、
    不思議な感覚にとらわれました。もしかして天使が……(笑)

  6. MOTZ
    MOTZ at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    待ってました!ポツダマープラッツ。
    90年代に行ってガランとした雰囲気に「これがベルリンか〜!」と浸って、そしてその後ソニーセンターができた頃に行って、なんだか東京みたいになっちゃったなーと(東京の人間なので)淋しくなったのを思い出します。
    Weinhaus Huthは私も入った事ないんです(ワイン詳しくないので)が、そんな歴史があるなら、次回ベルリンに行ける時が来たら入りたいと思います。関係ないけどその近くのアルカーデンの2Fのアイス屋さんは美味しすぎます。
    M-Bahnは初めて知りました。ゆりかもめみたいですね。興味が湧いたのでちょっと調べてみたいと思います。ありがとうございます。

  7. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >K.D.Cさん
    タンコニさんに続いて、これまた懐かしいお名前が!ご訪問ありがとう。
    >タクシーで飛ばした夜、不思議な感覚にとらわれました
    あまんきみこの松井さんのタクシーの話みたいですね(笑)
    でもその感覚は何となくわかります。
    映画同様、あの時は冬だったしね。

  8. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >MOTZさん
    >なんだか東京みたいになっちゃったなーと
    あの町並みは今でも好き嫌いが分かれるみたいですね。正直、私もあまり親しみを感じないですかね、どちらかと言うと。

    >アルカーデンの2Fのアイス屋さん
    あそこは私も大好きです。久々に食べたくなってきました^^)

    >ゆりかもめみたいですね
    そういえばゆりかもめって乗ったことないんですよ。秋に久々に日本に帰る予定があるので、最近の東京も歩いてみたいです。

    次回はポツダム広場をめぐるノスタルジーです。また読んでくださいね。

  9. 軒国彦
    軒国彦 at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    ブラウジング中たまたまこのコーナーに立ち寄りました。
    俳優 Kurt Bois のことが出ていて、思わず懐かしさがこみ上げてきました。
    調べてみると、1991年12月に亡くなっていますが、実はこの年の6月に「生の] Kurt Bois 氏をベルリンで見てるんです。元気でとても半年後に亡くなるという印象ではありませんでした。
    ベルリン出張中、ドイツ語と映画に詳しい現地の日本人から、「市内でカサブランカに出た俳優を招いての映画会がある」という誘いを受けて出掛けました。
    正直 Kurt Bois は知りませんでしたが、あの掏摸だと聞いて関心をもちました。
    多分あの映画会は Kurt Bois の卒寿の祝いだったと思いますが、何分ドイツ語が不案内で残念でした。映画のあと、Kurt Bois が司会者から映画について何か聞かれて、会場がどっと沸いたことは覚えています。知人によると「つまんない映画だよ」と話したとか。
    カサブランカは英語版でしたが、字幕もないのに殆どのドイツ人が(面白いのであろう)台詞のたびに笑っているのが妙に印象に残っています。

  10. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    軒国彦さん
    はじめまして。貴重な思い出話を聞かせていただき、ありがとうございました。
    最晩年のKurt Bois氏にベルリンで遭遇したなんて、素敵な話ですね。
    あの映画で彼が見せてくれたしみじみとした演技と、戦前の街の栄華を回想するシーンは忘れられません。

Comment

CAPTCHA