東京の密度

実家近くの通りにて(11月22日)
日本に帰って来てからというもの、更新が滞ってしまい、マメにチェックしてくださっている方には申し訳なく思っています。
ここ数日は東京を往復することが多いのですが、片道1時間半の電車の中で昨日こんなことを考えていました。
私は大学時代、実家のある横須賀から東京まで1時間半かけてほぼ毎日通っていたのですが、これってなかなかすごいことだったんだなあと今になって思います。ベルリンに住んでいてこれだけの時間列車に乗ることは普通あまりないですし、1時間半列車に乗ったら国境を越えてポーランドに行ってしまいますよー^^;)。ベルリンはドイツで一番大きい町ですが、普段生活していてそもそも1時間以上かけてどこかに行くということはほとんどありません。コンサートや芝居を観に行っても大体30分以内で家に帰って来れるし、深夜でもバスや地下鉄が走っているので、タクシーを使わずに家までたどり着くことができます。
東京ではそうはいきません。まず当然のことながら終電というものがあります。久々に人に会っても、横須賀に住む私は10時半ぐらいになったら帰りの電車を気にしなければならない。いいコンサートを聞いた後などでも、余韻に浸りながらゆっくり食事することさえままなりません。山手線に乗ると、品川で京浜急行に乗り換えるわけですが、終電も近いというのにスーツ姿の人々の多さに今さらながら驚かされます。当然まず座れません。大学時代の私のように、東京から1時間以上かけて通勤、通学している人などざらなのでしょう。疲れきった人々の表情・・・
このように挙げていくときりがありませんが、私にしたって、知り合いや友達の多くは東京に住んでおり、面白そうなコンサートやイベントなども東京に集中しているので、結局2時間近くかけて東京に出かける頻度が増えていきます。しかし、政治、経済から商業、文化に至るまで、これだけ東京に集中しているというのは、果たしていいことなのだろうか。久々に東京の人の波に揉まれていると、いろいろ考えさせられます。
とはいえ、私は東京が嫌いというわけではありません。昨日は念願(?)の上野、谷中周辺を散策しましたが、私の知らなかった東京がそこにはありました。アップしたい写真もかなりたまってきたので、近いうちにまとめたいと思っています。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



4 Responses

  1. c/o Watolla
    c/o Watolla at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    上の道路の写真、日本で暮らしている方には何てことない風景かもしれないけど、ベルリンで暮らしてる私は妙な郷愁に駆られました。日本に帰ると、移動に時間がかかることもさることながら、交通費がめちゃめちゃかかって、BVGのありがたさが身にしみます。東京・・・大学時代を過ごした街だけど、もう戻らないし、戻れないだろうな。更新楽しみにしてますよ~。

  2. shinno
    shinno at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    おれもこないだ帰ったとき、やっぱり集まるのが東京ってのが多くて、同じようにせっせこ通ってましたね。
    しかし、電車代って、これけっこうな額になりますよね・・・

  3. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >c/o Watollaさん
    お返事遅くなりました。
    この写真は近所で撮ったものなんですが、 坂の向こうに海が見渡せて好きな場所なんです。通りの電柱がまた日本ならではですよね。
    アップしたい写真はまだまだたくさんあるので、しばしお待ちを。

  4. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >shinnoさん
    そうですね。複数で会う時は、他の人の住んでいる場所から東京に決まることが圧倒的に多いですよね~。交通費は本当にバカになりません。

Comment

CAPTCHA