沖縄美ら海紀行(2) – 古宇利島 –

初日は那覇、翌日は喜瀬ビーチパレスに泊まり、3日目は名護を越え、最近橋が架かった古宇利島(こうりじま)に行ってみた。
古宇利島はウニの産地として有名らしく、車で走ると、やがて「うに丼」の看板が掲げられたお店を頻繁に見かけるようになる。私も妻もウニは大好物なので、これは食べないわけにはいかないと、サトウキビ畑の中から忽然と浮かんだ不思議な外観の「下原商店」なる食堂(?)に入ってみた。
1500円のウニ丼は、ここには写っていないが海の幸の付けあわせ、スープと一緒に給される。今回沖縄で初めて食べた「海ぶどう」と一緒に食するウニは、とろけるようにクリーミーで美味だった。
小さな島を一周して、再び全長約2キロ、通行無料の橋としては全国2番目の長さという古宇利大橋を渡って屋我地島、そして本島へ。独特の曲線を持つ橋だ。やがて、スコールのような大雨が襲ってきた。
(つづく)

sponsored link



LINEで送る
Pocket



Comment

CAPTCHA